Stage6の記録

DME192-201コマ Stage6 General Review

約1コマ遅刻で失ったものの、ちょうど5日間×2コマでStage6の総復習が

終わりました。

ふぅ~。疲れたけど、やっぱり総復習って必要だなーと実感しました。

もちろん定着を図るため、あるいは理解不足に気付くために。

でもそれだけじゃなくて、自分の進歩を確認するためにも。

既に2回(初回と復習)やった内容なので、3回目にあたる総復習では

スピードもついてきて、ちょっぴりだけど進歩したと思えます。

さて、Stage6でちょっと気になっていた表現についてメモしておきます。

every now and again

occasionallyという意味。

every now and thenとも同義で、こちらは学校の教科書に頻出していた記憶が

ありますが、every now and againは初対面でした。

white coffee

ホワイトコーヒーって初耳でした。

ずっと前のStageでは、"coffee with milk"とありましたが、今回は"white coffee"。

いずれもミルク入りコーヒーのことです。へぇー!こういう驚きが大好きです(^^)。

Mami McGuinnessさん のブログによると、どうやらイギリス英語のようです。

|

DME190,191コマ Stage6 L96-97 present perfect continuous: I have been living, by/in comparison with

今回出てきた単語を一つピックアップ。

◆occasion

-Can you remember an occasion when you came across a person
you hadn't met for several years?

普段、「機会」と言えば"opportunity"か"chance"しか使っていなかったな・・・

と思い、ちょっと辞書を引いてみたところ、

いずれも「何かをできる時」という意味で使えるものの、ニュアンスが若干

違うようです。

occasion 社会的に適切な機会という意味合いで、特定の時を指し、

opportunityやchance状況が良かった、あるいはラッキーだったという感じが

加わる言葉。

ついでに、「不定期に時々」を表すoccasionalも覚えておきたい。

いつもsometimesばかり使っているから。。

さて、次回はStage6のテスト&総復習です。やれやれ・・・。

けっこう時間がかかっちゃうな~というのが実感のDME。

イングリッシュベルでは1日2コマやれば8ヶ月くらいで・・・なんて目安も

ありますが、私の場合はその2倍でもムリだなぁ~(遠い目)。

しかも、サラリーマンしながら1日2コマってかなりキツイ。

・・・でもがんばろうっと。

DMEを始めてちょうど5ヶ月。

何でも3ヶ月で飽きる私がここまで何かを続けられたことって無かった気がするから。

|

DME188,189コマ Stage6 L95-96 matter, be willing to, state, come across

文法事項としては「過去と現在完了」がクローズアップされている単元。

でもこれはおさらいでもあるので、今回は単語"state"についてメモしておきます。

いろいろな意味で使われる"state"。

DMEテキストでも、「書く/言う」「州」「状態」と連続しててきています。

そのうち最初の意味での使い方の文が気になりました。

-When you make an application for a passport, what do you state on the
application form?

"say""write"ではダメなのか?

辞書を引くと、

state: to express sth in spoken or written words, esp carefully, fully and cleary

とあります。なるほど、だから上の質問の場合は、"state"が最適なのか。。

ちなみに、sample answerはこちら。

-When I make an application for a passport, I  state my name, address and
date of birt
h on the application form.

|

DME186,187コマ Stage6 L94-95 fair, present and past participle: tiring and tired

いろんな意味のfair

「公平」「かなりの」という意味以外で、最近頻出するのは

fair hairで「金髪」という使い方。反対はdark hair「黒髪」。

今回は副詞fairly も出てきて、

-Do you know English fairly well already?

という質問もありました。

No...と答え始めたら、「もうStage6なのよ!」と突っ込まれてしまいました。

うーん、勉強すればするほど先の遠さが分かるので・・・。

|

DME184,185コマ Stage6 L94 let/rent, on purpose, be in favor of, fair

「家を貸す」という意味のlet

-If you had a flat that you didn't live in, would you let it to students?

letには「家を貸す」という意味の使い方があるのですね。

辞書を引くと、British Englishで、an act of renting a house, etc to or from sb

という意味。たとえばこんなふうにも使われます。

"Cottage available for long or short let. "

on purpose: わざと

-Why do people sometimes want to do something wrong on purpose?

on purpose: not by accident; intentionally

-.................................., because they need attention.

と答えたら、あまりにも短すぎる答えに、先生もsample answerを聞きたい?

と誘って、"...................., because they expect nobody will notice."でも

練習させてくれました;^^(しかも、理由は正反対)

be in favor of と be for

いずれも be againstの反対。

(-The two opposites of 'be against' are ' be for ' and 'be in favor of '.)

先生に、「その違いは分かる?」と言われて・・・「??」

be in favor of は選挙や政治に関係ある文脈で使うのだそうです。

辞書を引くと、いずれも in support of sb/sth とありますが、

たしかに、それぞれの例文を読むと意味が異なります。

Are you for or against the proposal?

He argued/voted in favour of the death penalty. 

|

DME182,183コマ Stage6 L93-94 duty, allow, import, export

初めてのJasmineのレッスンでした。

自己紹介はもちろん求められましたが、それだけでなく、

こちらも予習ができていなかったので;;、どの質問にもとっさに考えて

答えなくてはならず、そこから派生してかなりフリートークを織り交ぜて

もらいました。

特に、

-What does your country export/import?

の質問の箇所では、輸出品に「車が抜けているわ」と指摘され、

フィリピンでもトヨタやマツダがたくさん走っていることを知りました。

また、輸入品に「果物」をあげたところ、先生の自宅にはバナナの木があり、

バナナはそこからもぐから値段はないとのこと。私が昨日、5本200円で

フィリピン産バナナを買った(I bought 5 pieces of banana by 200 yen yesterday.

←特に先生のコメントは入りませんでしたが、英文合ってるでしょうか?)と

話したらびっくり仰天されました。近隣のプランテーションでも1本5~10円だとか。

流通の過程で値段が上がるのは当然ですけどね;^^

ゆっくり話してくれて、しかも間違いを細かく直されることがなかったので、

時々こういうレッスンだと肩の力が抜けて良いかも・・・と少々ホッとしました。。

|

DME180,181コマ Stage6 L92-93 未来のことでも現在進行形or現在形を使う場合

present tenses for the future について。

①これからすぐにやることには現在進行形を使う。

例文1: I am meeting friends tonight. 〔I am going to meet ではない〕

例文2: I'm going to the cinema tomorrow evening.

②予定や計画は現在形を使う。

例文1: The lesson finishes at seven p.m.

例文2: The first film at the cinema starts at ten a.m.

今回はなぜか声が途切れ途切れでつらかったです。

Grace(←いい意味でおおらかな先生)だったからそれでもリラックスできたけど、

いつもの他の先生達が相手だったらテンパリ気味になっていたかも。

      

|

DME178,179コマ Stage6 L91-92 地図という意味の"plan", 直接話法、間接話法

direct speech と reported speech を中心に学びました。

reported speechはreportの中身の時制を変えるという練習です。

さて、最近、複数の意味を持つ単語の使い方を勉強する例文が

頻出していますが、今日初めて知りました・・・

planという単語に「地図」という意味があるということを。

-Why is a street plan useful when you are in a city that you don't know?

-A street plan is useful when I'm in a city that I don't know,

because I can find my way.

ここでは「市街地図」のこと(へぇぇぇ~!)。

「計画」という意味しか知りませんでした;;

|

DME177コマ Stage6 L91 What a pity! , It appears to me that~

It appears to me that~.

フリートークでは使ったことがないかも・・・

でも、便利な表現だと改めて思いました。

「~のように見える」という意味だけでなく、 I think that~というより

やや柔らかいニュアンスで、「~な気がする」くらいの感覚でも使えそうです。

-Does it appears to you that the better we get to know people,

the more we like them?

-Yes, it appears to me that the better we get to know people,

the more we like them.

これから積極的に使いたい言い回しです。

|

DME175,176コマ Stage6 L90 whoever, whatever, whenever, wherever, have sth done

"have something done" って、受験英語でよく出てきました。

-When do we use the expression "have something done"?

-We use the expression "have something done"

when somebody does something for us because we don't want to do it

or can't do it ourselves.

そういう理由でこの表現を使うのか・・・と初めて知りました。

でもDMEでやるとどうしてこんなに自然な感覚で読めるんだろう?

仮定法にしても然り。。

今日もフツーに出てきています。

-If you were very rich, would you still do your housework yourself?

-No, if I were very rich, I wouldn't  do my housework myself any more,

but I'd have it done for me.

仮定法が日に日に身近に感じられるようになってきました;^^

|