Stage5の記録

DME73回目 Stage5 General Review(8回目)

長い長い総復習でした。

8回、つまり16レッスンも費やしました。ふぅ~。

そして、ようやくStage5が終わりました。

途中、子ども達が順番に体調を崩して一週間、家で子どもにつきっきりだったので

レッスンも何もできず、ブログも今日久しぶりに開きました。

さて、次回からStage6ですが、もう少し予習をしっかりやらないと、

レッスン数をいたずらに消費してしまいそうです。

|

DME69回目 Stage5 General Review(4回目)

Stage5の総復習が続いています。

1日(2コマ)で4レッスンくらいしか進みません。

あと2日はかかりそうです。

うーん、しつこい!

でも口元に負荷がかかっているのを実感しています。

|

DME68回目 Stage5 General Review(3回目) 悲しい訃報

今日はStage5総復習の3回目。

前回はChrisと“風呂の習慣”や“小学生以降の子どもの送り迎え”などで

盛り上がり、半分以上フリートークになりました。

日本では銭湯を教育の場として再評価する動きがあること、小学生になると

子ども達は登校班などで自分達で登下校するのが一般的なこと、そんなことに

Chrisはとても驚いていました。

他人と一緒にお風呂に入るなんて、「面白いけど私にはできない~!」と大笑い。

また、フィリピンでは大学まで母親が登下校に付き添い、子どもが結婚したら

号泣することもよくあるのだとか。

Chrisは私と年齢も近く、子育て談義もでき、サッパリした性格が合うため、

お気に入りの先生の一人です。

|

DME66回目 L79 past perfect(過去完了):she had gone, future continuous:I will be reading, Stage5 EXAM

しばらくあわただしく過ごしていてブログを書いていませんでしたが、

今日はStage5のEXAMでした。

予習する時間もままならず、Stage5の後半は1日(2コマ)で1レッスン進めれば

良い方でした。一文が長くなり、質問を聞く時間が延びるし、こちらもつまづくしで、

やり直しが続くとレッスン後にテキストの進み具合を確認して苦笑しちゃいます。

「仕方ないか・・・」と思いそうになるけれど、「レッスン単価は安くないぞ!」と

もう一人の自分に叱られながらなんとか終了しました。

予習復習は、できたらしたほうがいいです。文を暗記するくらいまで。

そして、サクサク進む先生を敢えて選ばず、

"Are you satisfied? Go, go! It's your practice!"と、とことんやり直させる

タフな先生を選ぶのが良いかと。

くどいようですが、レッスン単価は決して安くないので、きちんと自分が

それだけの成果を自分に求めないといけないと思います。

(←と、自分に言い聞かせている・・・。)

さて、4月の復職もそろそろカウントダウンが始まりました。

休職前はいろいろできると思い込んでいましたが、やはり、終わってみれば

9割方、子どもに振り回されて過ごした日々でした。

仕事に活かせる語学スキルの習得は夢のまた夢・・・。

せめて、語学スキルを習得できる仕事の“入り口”に立てるようでありたいという

ちっちゃい夢も簡単には叶いません。

でも、1日に1、2時間の隙間時間にDMEをやったことで、自分の時間を楽しく

過ごせた気がします。(楽しかった・・・。う~ん、それだけでもいいや!)

育休中に身につけられたスキルって、もしかしたら、語学以外のもの、たとえば

◆ストレス耐性

"思い通りにいかないことへの耐性が前より強くなった"

(子ども達は私の意思とは全く別に動き、こちらは食べることも眠ることも自由には

できないが、だんだんそれにも慣れてくる。というか、順応せざるを得ない。。)

◆時間管理能力

"約束(締め切り)の時間より少し早めにできるようになった"

(子どもはいつ体調を崩すか、いつ「トイレ!」と言い出すかわからない。

予測できない事態が頻繁に起きるので、何でも早めにやることを心がけるようになった。)

などという、心身の整え方の方かもしれません。

復職までのラスト数十日を一応の区切り目として、それまでにどんな結果を出せるか・・・

もうちょっとがんばってみます。

|

DME60回目 L74-75 passive voice(受動態)Ⅱ、faultless, opportunity

前回に続き受動態。時制は過去・現在・未来・現在完了に、

動詞~ingがついて進行形になったり、can, may, would など助動詞がついたり。

質問の出だし部分をよく聞いていないいけません。

ところで、DMEは復習が半分以上を占めているような気がします。

毎回、前回の復習から始まり、各レッスンでずっと前にやったレッスンの

Readingがあり、さらに文法のおさらいがあります。

これが効き目があって良いのでしょうね。

自分では、どんどん難しい内容に進めばいいと思いがちなので。

|

DME59回目 L73-74 passive voice(受動態)、ゲーム感覚☆DME自習用e-learningサイト

先週は子どもの体調が悪かったためレッスンをお休みしました。

今週もあと2日しか受けられそうにありません;;

さて、レッスンはpassive voice(受動態) が中心になっています。

本文中によく、「馬に蹴られたことがあるか?」という質問文が

出てきますが、あまりに頻出するのでふと、これってイギリスでは

よくあるシチュエーションなんだろうか?と疑問になってしまいました;^^

日本人の感覚だったら・・・「犬に噛まれたことはあるか?」にあたるのではないかと。

ところで、DMEの自宅学習用e-learningサイトを利用できるようになりました。

面白そうなので早速のぞいてみたところ・・・

各レッスンごとに

Mixed Sentences
Filling in the gap
Sentence transformation
The correct form

という項目があり、並べ替え(一部/一文)や穴埋めの問題が1問ずつ

表示され、クリックしたりタイプ入力したりしながら解いては正誤確認し、

最後に正解できたパーセンテージで成績が出るというものでした。

私がやっているStageはまだ文法的に易しい所なので、しばらくは使わないかも

しれませんが、こういうゲーム感覚の勉強方法が子ども頃にあったら

楽しかっただろうな~と思っちゃいました。

似たようなところでは、NHKオンライン「ニュースで英会話」

私は素晴らしいサイトだと思います。内容もNHK国際放送局で実際に放送された

ニュースの一部を取り上げているので、政治経済用語が頻出です。

日本のニュースが比較的多いので、内容を知っている分、理解しやすいですし、

オバマ大統領関連のニュースも勿論たくさんあって、ファンとしては興味深いです。

単語チェックなど、まさにゲーム感覚でクリッククリック♪♪

なじみのなかった単語もいつの間にかなじみのある単語に変わってきます。

「これが本当にタダでいいのー!?」と、最初にやったときはまさに衝撃でした。

こんなに良い番組・サイトを作ってくれるのだから、受信料はきっちり払わないとと

改めて思いましたよ~。

つい熱くなってしまいましたが、ホント、ぜひオススメです。

|

DME58回目 L72-73 ought to

今日は集中力が持たずボロボロでした。

頬の筋肉が全然動かない・・・先生にも分かったのか、口をリラックスさせてと
アドバイスされましたが、明らかに音読練習が不足しているんです。

The key to success in learning a language is to study regularly.

という短い文につまづき10回はリピートしました。

isが浮いてしまってここで一瞬のポーズが入っていると指摘されドツボに。

reguralyも発音しづらくておかしくなってきました。

お気に入りの先生だったのですが、けっこう厳しい先生なので
途中でへこみかけました。

練習あるのみ!!

|

DME56回目 Stage5 L70-71 already, yet, still, can and may, past continuous:was+__ing

ブログに記録を書く時間がとれず、2回飛びますが、56回目。

子どもが昼寝しそうな時間に予約を入れているのですが、どうもうまくいかず、

今回も隣りで子どもを遊ばせながらのレッスン。

時々ぐずると授乳したり抱っこしたり、積み木などのおもちゃで一緒に遊んだり。

先生も慣れたもので、「遊ばせておいてちょうだいね(笑)」なんて言って

普段どおりレッスンしてくれました。オンラインで本当に助かります。

|

DME53回目 Stage5 L67 be afraid (of), would rather

今日も、希望の時間に予約が取れたRee-Ann。

この先生だとフリートークが多くてテキストが進まない・・・。

イングリッシュベルはレッスン単価が安いわけではないので、やはり
フリートークではもったいない気がします。

こちらが十分なリアクションを返さなかったせいか、途中で先生から、
「あまり話が多いのはいやだったらそう言ってね」と言われました。

生徒の要望を聞こうという姿勢には好感・・・。
でも、「テキストを早く進めたい時にはそう言います」と返答したものの
やっぱり言いづらいかも。。。

さて、ところで、いまさらながら、DMEテキストの目次の前にある説明書きを
読みました。

すると、“テキスト文中の斜体の部分には自分なりの答えを用意して、
できるだけ作文してみるように”と書いてあるではありませんか!

なるほど、斜体は1レッスンに何箇所もあります。
そこは意識して作ってみるべきなんですね。

今日もRee-Annはこちらの作文を歓迎しつつ、誤りを訂正してくれました。

メモ
My daughter might wake up anytime.

Who will cook for your dinner?

carriage

geepney

ghost

wedding anniversary

crack jock

|

DME52回目 Stage5 L67 possibility: may and might

今日もおちゃめなリアクション満点のRee-Ann。

-Could you remind me to finish the lesson before twelve fifty?
-Yes, I'll remind you to finish the lesson before twelve fifty

のあとにすかさず、I'll content on you ! 

-Give me an example of false sentence, please.

のときには、テキストに何が書いてあったかを忘れてとりあえず、

-For example, "A year has thirteen months" is a false sentence.

と答えたところ、とても歓迎してくれて、間違えたらいつでも直すから、

Please always make your own sentence !

とのことでした。もし予習する時間があれば、できるだけ自分なりの

回答を用意してみて、それを添削してもらうほうが勉強になりますよね。

メモ
The coldest place in Japan is in the northern part.
went to bed lately late last night

chappy 回線状態が悪く、声が途切れ途切れになること。

|