Stage8の記録

DME264・265コマ Stage8 L118 とにかく長い・・・ deal in /deal with など

Stage8に入ったら、サンプルアンサーがとにかく長い・・・。

3行はざら、4行も登場 通勤電車で聴いたって覚えられないよ。。

open old wounds(古傷に触れる、昔の心の傷を思い出させる)

ちなみに、wound, injureが両方出てきましたが、以前出てきたhurtとあわせて

整理しておくと、、、辞書によれば、

woundとinjureは受身で使われることが多く、ナイフや銃などの武器で体を

傷つけられるようなケースでよく使われる。

また、be injuredは車や機械の事故でも使われる。

それに対して、hurtはinjureと同じくらいかそれ以下の軽めの負傷で使われる。

と、グダグダ書きましたが、DMEの例文を覚えれば、このニュアンス通りです。

a claim for damages(損害賠償の請求)

deal in sth / deal with sth or sb

deal in sth = to sell sth, to trade in sth(売る)

☆辞書を眺めていたら、dealer: a person who trades in sth

そっか、車のディーラーって、売るという意味のdealから来ているんですね。

deal with は後に人をつけて、「処遇する」とか「社会的・経済的関係をもつ」。

後にモノをつけて、「処理する」

こちらも、DMEテキスト例文をおさえれば感覚が身につきそう。

|

DME262・263コマ Stage8 L117 いまさら?の複数形の作り方

新しい先生Janeでレッスンを取ったら、ほぼ2コマで1レッスン終了。

驚異のスピード・・・。

それだけ、荒削りってことなので、次回復習や総復習で苦労するかも?

ですが、普段、JaymarやRee-Annに数え切れないほどのダメ出しをくらっている

身には、オリジナルの回答などをbrokenで答えても意味が通じたら

「その考え方で合ってるわよ♪」と優しく受け止めてくれるのは新鮮でした(笑)。

さすが、ナース☆

さて、Stage8、いちおう、ここまでやり切るのが一つの目標だったStageにきました。

しょっぱなから、車関係の単語、操作や仕組みなど、日本語で会話したとしても

機械オンチの私は「へぇ~そうなんだ~?」と思ってしまう内容に面喰いました。

短い質問に長い回答・・・サンプルアンサーを教えてと求めて聞いても、

一度じゃリピートできない。そもそも、意味が取れていない;;

出だしはきつかったけど、後半、いまさら?の名詞の複数形の作り方でした。

■put the brake on / take the brake off

ブレーキをかける、ブレーキを外す。

■in gear

ギアが入って。

■priest

カトリックの神父。ちなみに、プロテスタントの牧師はminister。

|