パルシステムの商品

おしるこ 手作りあずきとお餅で♪

お正月に用意したもち米がまだまだあるので、時々思い出したように
お餅をついています(パン焼き器のもちコースで)。
洗って水をきったもち米と水を入れてスイッチを押すだけなので、
まったく手間がかかりません。

S4pict0416

小豆もあったので、子ども達も好きなちょっぴり甘いおしるこを作る
ことにしました。パルシステムの手作り料理レシピを参照しました。

おしるこの作り方

材料

  • 小豆…250g
  • 砂糖…250g
  • 塩…ひとつまみ
  • 餅…適宜
  • 小豆を煮るのも圧力鍋で15分ほどでした。
    子どものペースで生活していても、このくらいなら負担感なく作業できます。
    (というか、これ以上に複雑だったり手間がかかることは尻込みしちゃいます;^^)

    S4pict0417

    あずきの甘さを自分好みに薄めに、きび糖で味付けしました。
    子ども達も笑顔いっぱいでたくさん食べてくれました♪

    |

    初挑戦☆手作り味噌

    私にもできるのかな?難しそうだけど意外とできちゃうのかな?

    なんていう好奇心満々で初挑戦してみました。

    パルシステム 手作り料理

    パルシステムのカタログに写真入りで作り方が載っており、材料も注文すれば

    全てそろうということで、気軽に一歩を踏み出しました。

    材料(これで味噌4kgができます)

  • 大豆…1kg
  • 米こうじ…1kg(500g×2)または乾燥こうじ…800g
  • 海はいのち[塩]…約490g
  • 海はいのち[塩](種水用に)…35g
  • 種みそ…250g(姑が昨年、パルのレシピで作ったお味噌を使いました)
  • 消毒用のアルコール(ホワイトリカー)…35g
  • レシピはこちら

    1.大豆を戻す(前の晩から12時間)

    2.大豆を煮る
      圧力鍋で煮ようとしたのですが、鍋が小さ過ぎて一部しか入らず。
      仕方なく、ステンレスの大鍋で大半を煮ました。
      でも、圧力鍋の方が20分ほどでやわらか~くなったのに対して、
      ステンレス鍋の方は1時間煮てもまずまずな感じでした。

    3.ざるにあげて水をよくきる

    4.大豆をつぶす
      フードプロセッサーで何回かに分けてつぶしました。
      圧力鍋で煮た大豆は本当にペースト状になりました。
      ステンレス鍋のほうはもう少しちゃんと煮るべきでした・・・。

    5.種みその用意
      昨年、姑が作ったお味噌を使いました。

    6.かめの底に種みそを敷く
      ★かめがなかったので・・・というか、毎年作るかどうかわからないので、
      今年は買いませんでした。でも困ってしまい、思いついたのが、
      梅ジュースを作ったビン。これでやってみることにしました。

    S4pict0461_2

    7.塩とこうじを混ぜ、大豆と種みそに混ぜる

    S4pict0457

    8.みそ玉を握り、かめに詰める

    S4pict0460 S4pict0463

    9.表面をラップで覆い、塩袋で均等に重圧をかける

    S4pict0465

    10.新聞紙をかぶせてひもでしばり、冷暗所へ
       かめを使わずビンなので、まずアルミホイルで覆い、光が入らないようにしました。

    S4pict0468 S4pict0470

    台所の片隅に置いていますが、暖かくなってきたら冷蔵庫へ入れる予定です。
    冷蔵庫だと熟成が遅れるものの、かびは生えにくく、温度変化もほぼない状態で
    良好な仕上がりになるそうです。

    実際にどんな仕上がりになるか、わくわくドキドキで待ってみます。

    |

    しっかり固まる「棒寒天」!

    寒天といえば、粉状のものばかり使ってきたのですが、
    パルシステムで初めて「棒寒天」を買ってみました。

    水で戻して、ちぎってからお湯でよく溶かしてと、
    粉よりもひと手間はかかりますが、

    でもやっぱり、違うんですね~仕上がりが。

    粉の寒天よりも固くしっかりした食べ応えがありました。
    それから、気のせいかもしれませんが、お腹の調子もbetterな気が・・・。

    フルーツと一緒に盛り合わせを作ってみました。
    いちごとキウイが彩りも良くお気に入りです。

    S4pict0397

    |

    パンづくり専用強力粉で簡単手作りパン

    街を歩いていて通り過ぎることができないのは「パン屋さん」。

    特に、外国風の佇まいだったり、おばちゃんが一人待っている昔ながらの
    パン屋さんだったりすると、入らずにはいられません。

    もしも朝ごはんに焼きたてのパンを食べたり、菓子パンや調理パンを
    自分で作ったり。そんなことができたらいいなと思いつつ、
    料理は大の苦手で面倒くさがりやの自分には縁のないことと
    思っていました。

    でも、近頃はとっても便利な調理家電が出ていて、こんな私にも
    簡単にパンが焼けるようになりました。

    パン焼き機:National SD-BT153

    S4pict0260

    オーブンレンジ:National NE-KF23

    S4pict0353

    パルシステムで購入したパンづくり専用強力粉に全粒粉を2割程度混ぜ、

    パン焼き機でこねた後、好きな形に成形してオーブンで焼くだけ。

    #手間があるとすれば、成形前後の発酵でしょうか。
    (待つだけですが、時間的には拘束されます。)

    調理パンって買うと1個100~200円。おやつ代わりにぺろっと食べて
    しまうから、けっこう高いんだなと思い、なるべく手作りするようにしています。
    手作りしたものは、「入れたものしか入っていない」というのも安心で^^

    ただ、売っているパンのようなこんがり茶色くむらのない焼き色にはならないし、
    時間がたってもふっくらやわらかい仕上がりにはなかなか・・・。
    (どうしたらああいうふうになるんでしょうか?)

    今回はあんパンを作りましたが、パン屋さんで素敵なアイディアをもらいながら
    いろいろトライしてみようと思います。

    |

    コープアガーで手作り“お薬ゼリー”

    小さな子どもに薬を飲ませるのって、けっこう苦労します。

    甘い抗生物質もありますが、そういう飲みやすいものばかりではないんですよね。

    子どもがお薬を嫌がるので困ってしまい、薬局で「お薬ゼリー」なるものを
    初めて買おうと思ったのですが、欲しかった時にあいにく買えず、、、

    パルシステムで購入していた「コープアガー(植物性ゼリーの素)」で
    充実野菜のゼリーを作ってお薬を混ぜたところ、アタリ!!

    S4pict0350

    やわらかい口当たりと甘みが気に入り、お薬をちゃんと飲みました。

    S4pict0425

    なーんだ、「お薬ゼリー」なんてわざわざ買わなくったっていいじゃない!と
    嬉しくなりました。

    コープアガーは主原料が寒天なのに、普通の寒天のようにカチッとは固まらず、
    ゼリーのやわらかさ、ぷるるん感があるのが特徴です。

    S4pict0426

    こんな感じにやわらか~く仕上がります♪

    |

    初挑戦!手作りカステラ

    パルシステム 手作り料理

    日に日にハマっているお料理。

    今日もパルシステムの手作り料理サイトから「カステラ」に挑戦!

    〔分量〕
    <15cm×15cm(紙の型)1個分>
    ・強力粉…120g
    ・卵…3個
    ・砂糖…120g
    ・はちみつ…大さじ2 ←なかったので、パルのメイプルシロップで代用
    ・牛乳…大さじ2
    ・油…大さじ2
    ・ざらめ(あれば)…適量 ←省きました

    いつものクセで、砂糖を勝手に減らし、80gにしました。

    そうしたら膨らまない!!やっぱり分量通りにするべきだったかも~。

    まぁ、家族で食べるなら少々しぼんでも砂糖は控えめでいっか。
    でも、誰かにあげるなら、ちゃんと分量通りにするべきでしょうね・・・。

    S4pict0362_2 まず、新聞紙の型づくり。これはグッドアイディア!
    でも、正直、大変でした。へなへなしちゃって。
    パルの体験談では、牛乳パックを使った方の例が
    ありましたが、今度はそれでやろうと思います;;

    S4pict0363

    薄力粉ではなく強力粉を使うので、パンのような
    もっちり感があります。

    S4pict0365_2 

    新聞紙の型の内側にクッキングシートを置くのが難しい!
    型をホチキス留めとかしたほうがよかったかも?

    S4pict0368
    おいしそうなにおいだけど、ちょと膨らみが足りない感じ。

    でも、やっぱり手作りはおいしい!!
    さっぱりした仕上がりになり、満足でした♪♪

    |

    きな粉のシフォンケーキ♪カロリーダウンでヘルシーおやつ♪

    わが家ではパルシステムの「国産大豆きな粉」を常備しています。

    おもち、お団子だけでなく、子ども達はご飯にかけて食べる「きな粉ごはん」も
    大好き;^^

    そんなきな粉を、お菓子作りの際、主材料である小麦の代わりに入れても
    いつもと一味違ったお菓子になっておいしいですよ。

    今回は、シフォンケーキの小麦の半量をきな粉にしてみました。

    〔分量〕
    卵黄 5個分
    卵白 6個分
    グラニュー糖 120g
    塩 ひとつまみ
    サラダ油 80cc
    水 80cc
    薄力粉 60g
    国産大豆きな粉 60g(←薄力粉の代わり)
    ベーキングパウダー 小さじ2/3

    S4pict0263

    卵黄と卵白をそれぞれしっかり泡だてるのが大変;;

    S4pict0336

    粉もすべて一つのボールに入ると、ほんのりきな粉色に。

    ほんのりきな粉の香りがして、ふわふわのシフォンケーキに変わりなく、とてもヘルシーにおいしく食べられます♪

    S4pict0403

    ぜひお試しください☆

    |

    わが家のおせち~数の子

    パルシステム 手作り料理S4pict0389

    プチプチと細かすぎる食感があまり得意でないのと、
    ちょっと苦味があるのがあまり好きでなかった数の子。


    でも、お正月にしか食べないから、食卓に並ぶだけでお正月気分が高まるのも
    数の子。

    というわけで、自分流にいつかおいしく食べたいと思い、用意してみました。

    参考にしたのは、パルシステムの手作り料理から数の子のレシピサイトです。

    〔分量〕4人分

  • 塩数の子…180g
  • かつお節…適宜
    [A]
  • だし…1カップ
  • 薄口しょうゆ…大さじ1
  • みりん…大さじ1
  • 酒…大さじ1
  • ですが、だしとみりんを気持ち大めにしたら、やわらかい味になりました。

    〔作り方〕

    1.数の子をうすい塩水(1,000ccに食塩小さじ1程度)にひたし、約2〜3時間ごとに塩水をとりかえ、少し塩味が残る程度に塩抜きする。
    (数の子は塩を抜き過ぎると苦くなるので、味見をしながら行ってください。目安は4~6時間程度。)

    2. 数の子の薄皮をとる。
    3. Aを合わせて煮立て、冷ます。
    4.保存容器に3.と水けをきった数の子を入れ、しっかりひたるよう液面に張り付けるようにしてラップする。ふたをして冷蔵室におき、ひと晩以上おく。
    好みでかつお節を加えても(追いがつお)。
    5.食べやすく切って器に盛り、かつお節をかける。

    今年は初めて、数の子をお正月過ぎてもご飯にのせてバクバク食べて
    います^^

    |

    わが家のお正月~スペアリブのオレンジソースで簡単にごちそう♪おもてなし料理にも♪

    お正月にはおせちですが、ちょっとお肉も食べたくなります。
    そこで、今年はスペアリブを簡単にごちそうにしてみました。

    S4pict0283

    材料
    スペアリブ 8本
    にんにく 1片

    〔オレンジソース〕
    パルシステムの国産温州みかんジュース100 70cc
    マーマレード 100cc
    しょうゆ 大さじ3

    作り方
    ①スペアリブに塩・こしょうをふる。
    ②をあたため、①を入れて焼き色をつけ、出た油をふき取る。
     (赤身のスペアリブならあまり油が出ません。)
    ③②ににんにくを入れて香りを出し、オレンジソースで1時間くらい煮込む。

    ちなみに、12/30のお昼頃に作って、元旦にいただきました。
    保存もけっこう効きますので、作り置きして、お客様が見えた時などに
    出しても良いかと思います。

    ☆今回はみかんジュースを使いましたが、生のパイナップル(缶詰はダメ)も
    たんぱく質を分解するので、お肉が柔らかくなりますよ。

    |

    わが家のおせち~伊達巻き~

    パルシステム 手作り料理

    S4pict0279

    売られている伊達巻きの甘さが苦手なので、今年こそはと、
    伊達巻きを手作りしてみました。
    意外と簡単なんですね。
    パルシステムの手作り料理サイトのレシピを参照しました。

    はんぺんは、一回目は裏ごしの要領でマッシャーでつぶした後、溶き卵の中に入れ、
    泡だて器でよく混ぜました。二回目はミキサーで細かくしました。
    いずれもきれいにできました。

    また、1回目はお酒をだし汁にしてみました。お酒でもおいしかったのですが、
    だし汁の方が少しまろやかな味になりました。

    レシピではひっくり返して裏も焼いていましたが、不器用なのでできませんでした;;

    S4pict0265 その後、すだれにとって切れ目を入れる際には、手前は細かく、
    奥は粗く入れていくとうまく巻けます。

    S4pict0264

    最後にすだれを巻いた後、わりばし(3膳)を一緒に
    挟み込みました。

    S4pict0279_2 すると、このように梅花型の伊達巻きになり、お正月らしさが加わります♪
    (鬼すだれを持っていないので、このように工夫してみました☆)

    |