« DME240,241,242コマ Stage7 L113 seat, prejudice/prejudiced | トップページ | DME243,244,245コマ Stage7 L114 disgust, reported speech commands(命令の間接話法) »

ロンドンのカランスクールとベルのDME

Stage7が終わりに近づいてきました。最近は通勤電車でCDを聞いて、

レッスンを受けて、気になったところを後でテキストを開いたり辞書で

調べたりしています。だいたい、1レッスンに3コマかかっています。

DMEを始めるにあたって、どのくらいで12Stageを終えられるのか、

カランスクールの標準レッスン数というのがベルのHPにあるので、

それを参考に、必要な時間と予算を見積もっていました。

でも、それよりはだいぶオーバーする、というのが実感。

そこでカランスクール(ロンドン)ではどんなふうにレッスンを進めているのか、

気になってHPを見てみました。レッスン風景のデモはこちら

生徒5人のグループレッスン。質問は矢継ぎ早だけど、言い澱んでも

一人の生徒に繰り返させないし、同じ質問に全員が答えるわけでもない。

毎回のレッスンは前回の復習からするのどうか?

なるほど、これなら1レッスンに必要な時間は短いわけか・・・かな?

ベルのレッスンでは、ちょっとでも言葉に引っかかるとすぐに言い直し。
(その程度は、先生によってだいぶ異なりますが。)

25分間、マンツーマンだから一人で全部答え、息つく間もないほど集中。

加えて、DMEにはディクテーションもグラマーもある。

やはり、“カランスクール標準”は参考にならないかな。

ただ、それと英語が上達するかどうかはまた別問題。

本当にロンドンに留学できれば環境はベストなのかもしれませんが、

日本でオンラインスクールの授業を受ける上では、今のベルの丁寧なやり方が

良いかもしれませんね。ディクテーションやグラマーは、必要だと思えばやって、

そうでなければskipしても良いと思いますし。

ところで、カランスクールのHPを見ていて、The Callan Method For Business

個人的には気になりました。ビジネスシーンのロールプレイをやりたいんです。

DMEが終わったらアルクの「ビジネス英会話 クリダス」をやろうかな~なんて、

考えたりしてます。ま、まだ気が早い!って感じですが;^^

|

« DME240,241,242コマ Stage7 L113 seat, prejudice/prejudiced | トップページ | DME243,244,245コマ Stage7 L114 disgust, reported speech commands(命令の間接話法) »

イングリッシュベルのDME」カテゴリの記事