« DME204,205コマ Stage7 L99 used to | トップページ | DME206,207コマ Stage7 L100 a manner と manners »

イングリッシュベルのDMEコースについて

最初DMEとやらを知った時は、「DMEって、良くできたビジネスモデルだな~」と

思っていました。Stage1の記事を読んでいただけばおわかりいただけると思いますが、

それでも私は、英語力をなんとかしたくて、「だまされたと思ってやってみよう」くらいに

思って始めたのでした・・・。

そんな私が、1日ほぼ2レッスンしながら約半年たった今、ようやく少しですが

英語感覚の変化を感じて、「DMEって、やってみて良かったかも!?」と

思うようになった理由を書いてみます。

あくまで私個人の感想なので、みなさんはみなさんの感じ方があると思いますが。

さて、DMEはポーランドにある出版社が出している教材で、

アジアではイングリッシュベルが日本と台湾で使っていますが、その他、

ヨーロッパや南米などの語学学校も教材として採用しています(詳細)。

テキスト本文の英語はStage6で、NHKのリトルチャロと同レベルくらいに感じます。


♪イングリッシュベル DMEの気に入っているところ♪

◎挫折しにくい仕組みがある

〈理由1〉Stageが上がっていくことで進歩が目に見える。

以前は英語を独学していても、成果がよくわからないうちにイヤになるのが常でした。

でも、DMEはStage1~12の学習体系ができているので、Stageを上がることで

進歩が確認できます。

〈理由2〉ブログでモチベーションを持続。

ブログで学習状況を報告することで、レッスンを続けないとという気になりますし、

他の学習者の方のブログやコメントにも励まされるので、意外と続いています。

〈理由3〉予約が取りづらいため、確保できたレッスン枠をキャンセルしたくなくなる。



◎25分のレッスンで発せる英語量がフリートークより圧倒的に多い

フリートークで"Ah""well""That's right.""OK"そして意味のない笑いが

やたらと多いレベルの私にとって、1コマ25分間に発している英語量は

DMEの方が圧倒的に多いです。

簡単な英文を耳で聞いてひたすら人を相手に再現してチェックしてもらう、

オリジナルの回答をしてフリートークする、という訓練は他ではなかなかできません。

◎先生の質が高い

英語力はもちろんですが、

・遅刻する先生がほとんどいない。(200コマで2,3レッスンあったかどうか?)

・レッスン開始が数分遅れたり、数分中断したりした場合、5分以内であれば
たいていは延長してくれる。

という点もポイント高いです。

常に名字にMissをつけて生徒に呼びかける礼儀正しい先生も複数いて、好印象です。

(その分、レッスン単価が他校より高いということは、ここではイマイチな点に

書きません。当たり前のことだと思うので・・・。)

◎サービスの改良を続けている

この半年ほどの間に、レッスン時間帯が延び、日曜もレッスンが始まり、

1日に取れるコマ数が増え、DME e-learningが使えるようになり、

朝晩の混雑時の先生が増え、予約ページが見やすくなり、携帯で予約&キャンセル

できるようになり、先生にメッセージを送れる
ようになり・・・

と、覚えているだけでもかなり進化しています。

商品に次々と改良を加えるって、顧客はワイワイ言いますが、なかなか

できることでもないと思うので、純粋に、すごいなぁ、、と思います。今後にも期待☆

というわけで、DMEにすっかりハマってしまった学習者の感想でした。

スクールの思うツボ!?

・・・だとしても、いいんです。英語力が上がりさえすれば。

|

« DME204,205コマ Stage7 L99 used to | トップページ | DME206,207コマ Stage7 L100 a manner と manners »

イングリッシュベルのDME」カテゴリの記事