« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

DME56回目 Stage5 L70-71 already, yet, still, can and may, past continuous:was+__ing

ブログに記録を書く時間がとれず、2回飛びますが、56回目。

子どもが昼寝しそうな時間に予約を入れているのですが、どうもうまくいかず、

今回も隣りで子どもを遊ばせながらのレッスン。

時々ぐずると授乳したり抱っこしたり、積み木などのおもちゃで一緒に遊んだり。

先生も慣れたもので、「遊ばせておいてちょうだいね(笑)」なんて言って

普段どおりレッスンしてくれました。オンラインで本当に助かります。

|

パンづくり専用強力粉で簡単手作りパン

街を歩いていて通り過ぎることができないのは「パン屋さん」。

特に、外国風の佇まいだったり、おばちゃんが一人待っている昔ながらの
パン屋さんだったりすると、入らずにはいられません。

もしも朝ごはんに焼きたてのパンを食べたり、菓子パンや調理パンを
自分で作ったり。そんなことができたらいいなと思いつつ、
料理は大の苦手で面倒くさがりやの自分には縁のないことと
思っていました。

でも、近頃はとっても便利な調理家電が出ていて、こんな私にも
簡単にパンが焼けるようになりました。

パン焼き機:National SD-BT153

S4pict0260

オーブンレンジ:National NE-KF23

S4pict0353

パルシステムで購入したパンづくり専用強力粉に全粒粉を2割程度混ぜ、

パン焼き機でこねた後、好きな形に成形してオーブンで焼くだけ。

#手間があるとすれば、成形前後の発酵でしょうか。
(待つだけですが、時間的には拘束されます。)

調理パンって買うと1個100~200円。おやつ代わりにぺろっと食べて
しまうから、けっこう高いんだなと思い、なるべく手作りするようにしています。
手作りしたものは、「入れたものしか入っていない」というのも安心で^^

ただ、売っているパンのようなこんがり茶色くむらのない焼き色にはならないし、
時間がたってもふっくらやわらかい仕上がりにはなかなか・・・。
(どうしたらああいうふうになるんでしょうか?)

今回はあんパンを作りましたが、パン屋さんで素敵なアイディアをもらいながら
いろいろトライしてみようと思います。

|

DME53回目 Stage5 L67 be afraid (of), would rather

今日も、希望の時間に予約が取れたRee-Ann。

この先生だとフリートークが多くてテキストが進まない・・・。

イングリッシュベルはレッスン単価が安いわけではないので、やはり
フリートークではもったいない気がします。

こちらが十分なリアクションを返さなかったせいか、途中で先生から、
「あまり話が多いのはいやだったらそう言ってね」と言われました。

生徒の要望を聞こうという姿勢には好感・・・。
でも、「テキストを早く進めたい時にはそう言います」と返答したものの
やっぱり言いづらいかも。。。

さて、ところで、いまさらながら、DMEテキストの目次の前にある説明書きを
読みました。

すると、“テキスト文中の斜体の部分には自分なりの答えを用意して、
できるだけ作文してみるように”と書いてあるではありませんか!

なるほど、斜体は1レッスンに何箇所もあります。
そこは意識して作ってみるべきなんですね。

今日もRee-Annはこちらの作文を歓迎しつつ、誤りを訂正してくれました。

メモ
My daughter might wake up anytime.

Who will cook for your dinner?

carriage

geepney

ghost

wedding anniversary

crack jock

|

DME52回目 Stage5 L67 possibility: may and might

今日もおちゃめなリアクション満点のRee-Ann。

-Could you remind me to finish the lesson before twelve fifty?
-Yes, I'll remind you to finish the lesson before twelve fifty

のあとにすかさず、I'll content on you ! 

-Give me an example of false sentence, please.

のときには、テキストに何が書いてあったかを忘れてとりあえず、

-For example, "A year has thirteen months" is a false sentence.

と答えたところ、とても歓迎してくれて、間違えたらいつでも直すから、

Please always make your own sentence !

とのことでした。もし予習する時間があれば、できるだけ自分なりの

回答を用意してみて、それを添削してもらうほうが勉強になりますよね。

メモ
The coldest place in Japan is in the northern part.
went to bed lately late last night

chappy 回線状態が悪く、声が途切れ途切れになること。

|

DME51回目 Stage5 L66 wake up, immediately, lie-lay-lain

久しぶりにCarmenのレッスンでした。

前回と違い、今回はわりと普通な印象で;^^、落ち着いて受けられました。

時々、言い直しする際、Are you satisfied?と聞く先生が多いのですが、
Are you contented?と初めて聞かれました。

be contentedもこういう場合に使えるんですね。

さて、今日出てきた質問文に、

-Do you write things down in a diary to remind you to do them?

とあり、これに対する答え。どう答えても自由なのですが、一例です。

-No, I don't write things down in a diary to remind you to do them.

-Why not?

-Because I do it through blog instead of diary.

最近は仮定法も普通に出てくるようになりました。たとえばこんな文。

-If you saw a lady trying to change a wheel, would it be kind to stop
and help her?

こういう場面でwouldを使うというのは、まだちょっと感覚がわかりません。

つい、is it kind~と言ってしまいそうです。

-What would you do if you saw an accident in the street?
-If I saw an accident in the street, I would call an ambulance immediately.

というのも同じで、ただの条件文で表現しちゃいそうです。

バンバン出てくるwouldに慣れたら感覚的にわかるのでしょうか。

|

コープアガーで手作り“お薬ゼリー”

小さな子どもに薬を飲ませるのって、けっこう苦労します。

甘い抗生物質もありますが、そういう飲みやすいものばかりではないんですよね。

子どもがお薬を嫌がるので困ってしまい、薬局で「お薬ゼリー」なるものを
初めて買おうと思ったのですが、欲しかった時にあいにく買えず、、、

パルシステムで購入していた「コープアガー(植物性ゼリーの素)」で
充実野菜のゼリーを作ってお薬を混ぜたところ、アタリ!!

S4pict0350

やわらかい口当たりと甘みが気に入り、お薬をちゃんと飲みました。

S4pict0425

なーんだ、「お薬ゼリー」なんてわざわざ買わなくったっていいじゃない!と
嬉しくなりました。

コープアガーは主原料が寒天なのに、普通の寒天のようにカチッとは固まらず、
ゼリーのやわらかさ、ぷるるん感があるのが特徴です。

S4pict0426

こんな感じにやわらか~く仕上がります♪

|

DME50回目 Stage5 L65-66 will, shall

Stage5に入り、ますます一文が長くなってきました。
whenやwhatで関係節が入るだけでなく、butやsoで文が展開していくものも・・・。

先生によっては、流れるようなスピードでバババーっと問いかけるので、
「オウム返し」なんてできる気がしません;;
そのスピードとリズムは、マネできませーーーん!

しかも今日の先生(またRee-Ann)、theとaが違ってもすぐに聞き分けてやり直し!
ちょっと判別しづらくぼかしてもダメでした;^^

ただ、テキストの進みはゆっくりで、質疑応答の合間にリアクション含め
スモールトークを挟みます。そこで、即座に試される英語力・・・

こちらの英文をきっちり訂正してくれるのがとてもありがたいのですが、
書留めるヒマがありません。

思い出せるのは、「化粧をする必要がない」と言いたくて

I don't have to make up......

と言ったのを直され、

I don't have to wear make up

だそうです。

その他、細かな文法などのミスをきちんと直してくれるのでありがたいです。

|

DME49回目 Stage5 L64-65 -ness, daily, weekly, monthly, yearly

イングリッシュベルの新しい先生Ann-Reeのレッスンを初めて受けてみました。

Carmenに似て、エレガントでスピード感のある話し方でした。

とても真似できない速さ・・・;^^

それでいてジョークも飛ばすし、静かながらリアクションも多彩で面白いレッスンでした。

a/an, a/the などの細かなミスにも即反応してやり直しさせるし、

たとえできて「やった!」と思っていても、"I want an another perfect !"ときます;^^

テキストはなかなか進まないかもしれないけれど、ちゃんと予習・復習して

ついていったら力がつきそうだと思いました

|

DME48回目 Stage5 L63-64 reflexive pronouns: myself, yourself , belong to

昨日に引き続きお風呂の文ネタ。

take a bath/ take a shower

have a bath/ have a shower

の違いって何かな?

DMEのテキスト文に両方出てきてややこしかったので、先生に聞きました。

すると、takeを使うほうが一般的だけど、haveも使わないことはない、

haveはイギリス英語でよく使われる表現だということでした。

DMEはイギリス英語で、今日出てきたcentreなんかも、綴りがそうですよね。

なるほど・・・でした。

ところで、イングリッシュベルの先生方が昨年のクリスマスにストリートチルドレンに

洋服などを贈ったという記事がHPにありました。このような社会貢献活動もしている

んですね。日本より複雑な(貧富の差も大きい)社会に生きているせいか、先生方は

若いのにいろんなことを考えたり活動したりしていて、立派だなと思いました。

|

DME47回目 Stage5 L61-63 want to and would like to, irregular verbs

お風呂やシャワーがトピックの本文で、文化の違いを感じます。

たとえば、お風呂から上がったらどうする?と聞かれ、とっさに思い浮かんだのは
体を拭くこと。でも、DMEのテキストでは、栓を抜くこと。
こんな問答でした。

-What should we do when we finish taking a bath?
-When we finish taking a bath, we should pull the plug out.

それから、蛇口をひねって水を出すのは turn the tap on
水を止めるのは turn the tap off でした。

|

DME46回目 Stage5 L61, Stage4 General review L54-60

土曜日は先週に続きLeny。

先週はたまたまかと思ったけれど、今日もまた、音が非常に悪かったです。
今日は切断されなかっただけマシでしたが、声は途切れることがあり、
音質もノイズだらけでつらかったです。
先生のヘッドセットの具合が良くないのでしょうか?

さて、レッスンの冒頭から10分ほど、セブ島で昨日、今日と
盛り上がっているキリスト教のお祭りの話をされていました。
「私、しゃべり過ぎちゃったかしら!?」と笑っていたわりに、その後も
DMEレッスンの合間にたくさんフリートークを織り交ぜて楽しそうな先生でした^^

それだけ回り道があっても、この先生は滅多に言い直しをさせないので
予想以上に進み、Stage4の総復習を終えて、予習していない領域、
Stage5へ・・・。
それもあと数行で1レッスン終わるところでした(冷や汗)。

|

DME45回目 Stage4 General review L48-54

General reviewであれこれ思い出しながらリピート。

簡単な文なのに、どうしてとっさの英会話ってできないんだろ?

まだまだ訓練も勉強も足りないな。。。

|

DME44回目 General review L42-48

初めて1日に4コマとってみましたが・・・

今日、後半の2コマは予約を取り消したかった・・・。

やはり、一日にDMEを2回やると、さすがに私の場合は生活が破綻します;;;(苦笑)

|

DME43回目 Stage4 L60, Exam, General review

Stage4のGeneral reviewに入りました。いったい何コマかかるのかしらん。。

今日も昨日と同じ先生で、流暢に言い切れるまで何度でもリピート。
"Are you satisfied?"と聞かれたら、"Yes."なんて答えられなくて、
"No, one more time, please."と言うしかないです。

さて、L59,60あたりはまた一段と一文が長くなっていたせいか、
総復習で最初の方の文に再会すると、以前感じていたように長ったらしくは
感じていないことに気づきました。

DMEのテキストの文というのは、確かに長くなってきているのですが、
それでも頭がこんがらがってどうしようもないってわけではないんですね。

たぶん、一文に含まれるフレーズが言いやすいものになっていること、
意味節がきちんと関連づいていてるから覚えやすくなっていることが
理由かな、という気がします。

もしこれが、たとえば私が英作文するようなものだと、単語をこねくり回したような
言い方で覚えにくかったりすると思うんです。
ifやwhenなどでつながった一文の中に、一見突拍子もないコトが入っていたり。

そういうことがなくて、言いやすい文にちゃんと練られているのかなと、
なんとなく思いました。

|

DME42回目 Stage4 L59-60 if&whether, be able to(2)

今日はStage4のテキスト本文がちょうど終わるかな~と思いきや、、、

ダメダメでした。

まず、自分が昨日レッスンを休み、今日のレッスンまで“ひとりDME”も
しなかったせいか、舌がまったく回らない。

その上、今日の先生はよどみなくスラスラ言えるまで何度もやり直しさせる。
お気に入りなので毎度のことなのですが、
「え~、また~!?今日はずいぶんリピートさせるなぁ~(←自分が悪いのに)」
なんて邪念があると余計につかえて、しまいには文を勝手にアレンジしてNG連発。

朦朧としてしまいました・・・。

でも、朦朧としながらOKを出せるようになってくると、「あれ!?私の口が
勝手にしゃべってる~」と、おかしな感覚になります。

もしかして、こうして身についていくものなのかしらん??

語学を極めたことがないからよくわかりません。
ほんとにただ朦朧としてうわごとのようになっていただけかも。

くじけず、今日の先生でまた今後もがんばってみようっと。

ところで、イングリッシュベルは今年から開校時間も延びて、予約も1日
4コマまで取れるようになって、予約しやすくなった~と思いきや、
皆さんこぞって4コマ取られているのでしょうか、けっこう埋まっていますね;;
やっぱり1週間前に予約を入れないと確実ではない感じです。

|

DME41回目 Stage4 L58-59 if&whether, be able to キャンセルが6時間前まではツライかな~

いつもの休日のようにバタバタしていたら、レッスンに15分も遅刻してしまいました。
こういうとき、レッスンのキャンセルがせめて1,2時間前までOKであればいいのに
と思います。「直前キャンセルはポイント何割かカット」でもいいので。そしたら、
空き時間に他の人も入れるし、先生も待ちぼうけしなくていいのに。

(ただし、しゃべり隊のように、予約後のキャンセルは一律にポイントが6割しか
戻らないなんてことになると、とっても不便に感じますが。)

ところで、今日の先生はよく進む・・・ちょっと不確かでも、3回繰り返させることは
まずないほどでした。だから時間が短かったわりにL59の途中まで進みました。

さっさと進みたい時は良さそう。
だけど、自信はつかないかも!?

|

初挑戦!手作りカステラ

パルシステム 手作り料理

日に日にハマっているお料理。

今日もパルシステムの手作り料理サイトから「カステラ」に挑戦!

〔分量〕
<15cm×15cm(紙の型)1個分>
・強力粉…120g
・卵…3個
・砂糖…120g
・はちみつ…大さじ2 ←なかったので、パルのメイプルシロップで代用
・牛乳…大さじ2
・油…大さじ2
・ざらめ(あれば)…適量 ←省きました

いつものクセで、砂糖を勝手に減らし、80gにしました。

そうしたら膨らまない!!やっぱり分量通りにするべきだったかも~。

まぁ、家族で食べるなら少々しぼんでも砂糖は控えめでいっか。
でも、誰かにあげるなら、ちゃんと分量通りにするべきでしょうね・・・。

S4pict0362_2 まず、新聞紙の型づくり。これはグッドアイディア!
でも、正直、大変でした。へなへなしちゃって。
パルの体験談では、牛乳パックを使った方の例が
ありましたが、今度はそれでやろうと思います;;

S4pict0363

薄力粉ではなく強力粉を使うので、パンのような
もっちり感があります。

S4pict0365_2 

新聞紙の型の内側にクッキングシートを置くのが難しい!
型をホチキス留めとかしたほうがよかったかも?

S4pict0368
おいしそうなにおいだけど、ちょと膨らみが足りない感じ。

でも、やっぱり手作りはおいしい!!
さっぱりした仕上がりになり、満足でした♪♪

|

きな粉のシフォンケーキ♪カロリーダウンでヘルシーおやつ♪

わが家ではパルシステムの「国産大豆きな粉」を常備しています。

おもち、お団子だけでなく、子ども達はご飯にかけて食べる「きな粉ごはん」も
大好き;^^

そんなきな粉を、お菓子作りの際、主材料である小麦の代わりに入れても
いつもと一味違ったお菓子になっておいしいですよ。

今回は、シフォンケーキの小麦の半量をきな粉にしてみました。

〔分量〕
卵黄 5個分
卵白 6個分
グラニュー糖 120g
塩 ひとつまみ
サラダ油 80cc
水 80cc
薄力粉 60g
国産大豆きな粉 60g(←薄力粉の代わり)
ベーキングパウダー 小さじ2/3

S4pict0263

卵黄と卵白をそれぞれしっかり泡だてるのが大変;;

S4pict0336

粉もすべて一つのボールに入ると、ほんのりきな粉色に。

ほんのりきな粉の香りがして、ふわふわのシフォンケーキに変わりなく、とてもヘルシーにおいしく食べられます♪

S4pict0403

ぜひお試しください☆

|

わが家のおせち~数の子

パルシステム 手作り料理S4pict0389

プチプチと細かすぎる食感があまり得意でないのと、
ちょっと苦味があるのがあまり好きでなかった数の子。


でも、お正月にしか食べないから、食卓に並ぶだけでお正月気分が高まるのも
数の子。

というわけで、自分流にいつかおいしく食べたいと思い、用意してみました。

参考にしたのは、パルシステムの手作り料理から数の子のレシピサイトです。

〔分量〕4人分

  • 塩数の子…180g
  • かつお節…適宜
    [A]
  • だし…1カップ
  • 薄口しょうゆ…大さじ1
  • みりん…大さじ1
  • 酒…大さじ1
  • ですが、だしとみりんを気持ち大めにしたら、やわらかい味になりました。

    〔作り方〕

    1.数の子をうすい塩水(1,000ccに食塩小さじ1程度)にひたし、約2〜3時間ごとに塩水をとりかえ、少し塩味が残る程度に塩抜きする。
    (数の子は塩を抜き過ぎると苦くなるので、味見をしながら行ってください。目安は4~6時間程度。)

    2. 数の子の薄皮をとる。
    3. Aを合わせて煮立て、冷ます。
    4.保存容器に3.と水けをきった数の子を入れ、しっかりひたるよう液面に張り付けるようにしてラップする。ふたをして冷蔵室におき、ひと晩以上おく。
    好みでかつお節を加えても(追いがつお)。
    5.食べやすく切って器に盛り、かつお節をかける。

    今年は初めて、数の子をお正月過ぎてもご飯にのせてバクバク食べて
    います^^

    |

    DME40回目 Stage4 L57 仮定法過去(2) 2nd conditional:if+past+would

    今日は今までで最悪の回線状態でした。
    イングリッシュベルには珍しいことだと思いますが。
    (以前、しゃべり隊ではちょくちょくあったので覚悟していたものの、ベルでは
    普段の音質も先生のビデオも他校より良いと感じます。)

    先生のビデオはたまにしか移らず、声は途切れ途切れでノイズあり。

    でも、こんな状況、実際の場面ではよくあるよなぁ?
    これでも対応できるようになるってのも訓練のうち!?

    などと思いながら、何度かリコールを繰り返しつつ、乗り切りました。

    L57のディクテーションを数行残して終了。
    仮定法過去も意外と大きな山ではなく、過ぎていきました。
    総復習でまたやってくるのがおそろしいが・・・。
    口よ、覚えたかい~!?;^^

    ところで、イングリッシュベルではこれまで、1日2コマしか取れませんでしたが、
    4コマまで取れるようになりました。
    これまでは複数アカウントを持って2コマ以上やっていた人がいたんですね。
    思いつきもしませんでしたが、そうですよね、確かに2コマという制限は
    ないほうがいいのにと思ってはいました。

    復職後は今のペースは考えられないものの、
    DMEを完全にやめるのではなく、週に3~5コマくらいをなんとか続けて
    いけたらいいかなと、考え始めています。
    一旦やめてしまったら、ここまでについた勘やら英語筋肉やらが
    またゼロに戻ってしまいそうで・・・。

    |

    DME39回目 Stage4 L55-57 仮定法過去 2nd conditional:if+past+would

    仮定法過去が出てきました。

    -When do we use the second conditional?

    -We use the second conditional when we imagine an action in the present
    or future but we think it will probably not happen.

    という問いに始まり、たとえばこんな文。

    -What would you do if you saw a fire in the classroom?

    -If I saw a fire in the classroom, I would get some water.

    受験英語で頭がこんがらがった思い出がありますが・・・
    なぜかDMEではそれほど口がこんがらがらないんですね。。
    オウム返しのなせる業でしょうか??
    でも、確実に一文が長くなってきて、先生によっては聴き取れず
    質問文を繰り返してもらっています。

    今日は何度か脱線してフリートークになりました。
    映画のチケット代のことで・・・
    日本では水曜レディースデイや毎月1日は割引、学生・シニアは割引ですよね。
    でも、フィリピンでは映画によって値段が違うそうです。
    タイタニックなど人気の高いものは値段も高いとか。

    それから、フィリピンではハリウッド映画はもちろん字幕なし、だそうです。
    日本では日本語字幕があると話したら驚いていました。
    バイリンガルの先生方は字幕がなくても全く困らないのが羨ましいです。

    今日はL57の途中まで。

    |

    わが家のお正月~スペアリブのオレンジソースで簡単にごちそう♪おもてなし料理にも♪

    お正月にはおせちですが、ちょっとお肉も食べたくなります。
    そこで、今年はスペアリブを簡単にごちそうにしてみました。

    S4pict0283

    材料
    スペアリブ 8本
    にんにく 1片

    〔オレンジソース〕
    パルシステムの国産温州みかんジュース100 70cc
    マーマレード 100cc
    しょうゆ 大さじ3

    作り方
    ①スペアリブに塩・こしょうをふる。
    ②をあたため、①を入れて焼き色をつけ、出た油をふき取る。
     (赤身のスペアリブならあまり油が出ません。)
    ③②ににんにくを入れて香りを出し、オレンジソースで1時間くらい煮込む。

    ちなみに、12/30のお昼頃に作って、元旦にいただきました。
    保存もけっこう効きますので、作り置きして、お客様が見えた時などに
    出しても良いかと思います。

    ☆今回はみかんジュースを使いましたが、生のパイナップル(缶詰はダメ)も
    たんぱく質を分解するので、お肉が柔らかくなりますよ。

    |

    わが家のおせち~伊達巻き~

    パルシステム 手作り料理

    S4pict0279

    売られている伊達巻きの甘さが苦手なので、今年こそはと、
    伊達巻きを手作りしてみました。
    意外と簡単なんですね。
    パルシステムの手作り料理サイトのレシピを参照しました。

    はんぺんは、一回目は裏ごしの要領でマッシャーでつぶした後、溶き卵の中に入れ、
    泡だて器でよく混ぜました。二回目はミキサーで細かくしました。
    いずれもきれいにできました。

    また、1回目はお酒をだし汁にしてみました。お酒でもおいしかったのですが、
    だし汁の方が少しまろやかな味になりました。

    レシピではひっくり返して裏も焼いていましたが、不器用なのでできませんでした;;

    S4pict0265 その後、すだれにとって切れ目を入れる際には、手前は細かく、
    奥は粗く入れていくとうまく巻けます。

    S4pict0264

    最後にすだれを巻いた後、わりばし(3膳)を一緒に
    挟み込みました。

    S4pict0279_2 すると、このように梅花型の伊達巻きになり、お正月らしさが加わります♪
    (鬼すだれを持っていないので、このように工夫してみました☆)

    |

    わが家のおせち~田作り~

    パルシステム 手作り料理

    今年は田作りも自分で作ってみようと、パルシステムで準備しました。
    毎年、なんとなく手間がかかるようなイメージがあって、親に作って
    もらうばかりでしたが、わが家ではおせちでしか食べないメニューなので、
    これが自分でできればちょっと主婦として成長?なんて思ってトライしました。

    S4pict0249

    作り方は、例によってパルシステムの手作り料理サイト
    参照しました。

    これ、とっても簡単じゃない!?と思いながらごまめをフライパンで煎り始め、
    「1本折ってみて、ポキッと折れるようならOK。」とあるまで煎ろうとしたのですが、
    なんだかいつまでたってもポキッとはいかない・・・。
    (特に太めのものがくにゃっと曲がる;;)

    袋の裏に書いてあるレシピでは電子レンジで3分でも良いと書いてあるので・・・
    では、1分半ほどやってみるかと、今度はレンジに入れると、、、

    うわぁ~、やり過ぎ!
    ちょっぴり焦がしました

    魚の苦味なのか焦げの苦味なのか微妙にわからなかったのですが、
    甘いたれにからめたらそれなりにおいしくなりました。。。

    S4pict0280

    たれにカシューナッツを刻んでまぜてみました。

    |

    わが家のおせち~栗きんとん~

    パルシステム 手作り料理

    子ども達も大好きな栗きりんとん。
    今年はパルシステムの手作り料理サイトの栗きんとんを参考にしました。

    栗はあらかじめ、パルシステムで冷凍むき栗を購入。

    S4pict0251 レシピでは栗甘露煮を使っていますが、冷凍むき栗を
    あらかじめお砂糖を入れて少し甘く煮ておいて、代用
    しました。量もちょうどよくて、買っておいて正解!でした。

    おいもも金時いもを買って、甘みを出して、
    子ども達を含め、みんなでもりもり食べました。

    つまみ食いが本格的に食べることになってしまい、実際にお正月に
    お盆に乗ったのは少し・・・(^-^; (写真右下です)
    でも、自分で作ったことも含めて、大満足でした☆

    S4pict0281 (お砂糖を気持ち控えめにしました。
    元旦の朝までに食べ切ってしまったので、それでも
    だいじょうぶでした。)

    |

    ころころスノーボールのおやつ♪

    パルシステム 手作り料理

    お料理が苦手な私でも作れる子どものおやつレシピをまたまた
    パルシステムの手作り料理サイトで見つけました。

    今回作ったのは、スノーボール♪♪

    材料は、これだけ。
    ・バター…100g
    ・薄力粉…150g
    ・砂糖…30g
    ・粉砂糖…適量

    作り方も、まぜて丸めて焼くだけ。いたってシンプル!

    S4pict0213 それで、こんなに手軽にできちゃいました☆
    バタークッキーなので、サクサクしていて、
    とまらないおいしさでした。

    売っているお菓子のようにおいしいのですが、「入れたものしか入っていない」
    手作りならではの安心感で子ども達にも食べさせられるのが嬉しいです。
    これならちょっと友達の家におじゃまするときにも、ちょこっと焼いて持っていって
    喜んでもらえそうですよね。
    一人で食べてしまえる量だけど、みんなで少しずついただくのがマル!かな。

    |

    DME38回目 Stage4 L55 条件文に苦戦 1st conditional:if+present+will &tongue twister

    今日はL55の途中まで。

    ifを使う条件文に苦戦しました。

    冒頭から、

    -When do we use the first conditional?

    -We use the first conditional when we think it is possible that an action will happen in the futuer.

    につまづき、その後の例文も条件節と後に続く文を繰り返すのに苦労しました。
    もともと早口なので、焦らず、スピードより正確さを大事にしなくては、と思いました。

    それから、今日は発音をひとつ直されました。

    firdgeの[ge]の音に日本語の[ジ]のように母音[i]が入っているとのこと。
    確かに、マイクでも相手に聞こえるように、語尾をちゃんと音にしようとして
    ジと意識的に発音しているつもりでした。
    でも、逆に意識せずに発音しようとするとできなくて・・・

    そこで、先生からtongue twisterのサイトを紹介されました。
    もらったURLから無数にサイトがヒットしましたが、子ども向けのサイトを
    少し開いたら、教科書で昔見たようなものもありました。

    たとえば、こんなの、見覚えがありますね。(サイトはこちら

    She sells seashells by the seashore.
    The shells she sells are surely seashells.
    So if she sells shells on the seashore,
    I'm sure she sells seashore shells.

    苦手なR/Lも。

    Red lorry, yellow lorry.

    以前、swimの活用の時にswim swam swumが言いづらかったのですが、
    こんなのもありました。
    ご参考までに、こちらのサイトです。

    Swan swam over the sea,
    Swim, swan, swim!
    Swan swam back again
    Well swum, swan!

    |

    DME37回目 Stage4 L53-55 would like, need, another&other, sure

    イングリッシュベルは今年から朝8:00~深夜1:00までにレッスン時間が
    拡大しました。そのせいか、昨年までは日中も「好きな時間帯に好きな先生で」
    と思うと予約がとりづらく、2~3日前の変更はほぼできない状態でしたが、
    今年に入ってから著しく予約がとりやすくなりました。

    ところで、DMEはテキスト本文の質疑応答の他に、
    ・各レッスン内にリーディング(ずっと以前のレッスンから1ページを指定される)
    ・隔レッスンにディクテーション(スカイプのチャットウィンドウを使う)
    ・各ステージに数回、文法チェック問題
    があります。

    いずれも学校の英語の授業でやってきた基礎的な内容ですが、それなりに
    時間がかかります(いずれも数分ですが、塵も積もれば・・・)。

    ちょっともったいない気もするのですが、中学生レベルの英語を使いこなせたら
    日常や初歩的なビジネス場面は乗り切れるとも聞きます。
    ほんとかな~?と疑いつつも、とりあえず完走してみようと明日につなげます。

    今日はL55の途中まででした。

    |

    DME36回目 Stage4 L52-53 been&gone, be going to, would like

    あけましておめでとうございます。

    今年は復職する年。いよいよまた仕事と育児でサバイバルな生活でしょうか。
    ワーキングマザーは確かに追い込まれることも多々ありますね。
    朝、出かけるようとしたら子どもが玄関先で「うんち!」・・・(遅刻する~)。
    客先に単独で行くアポを入れた時に子どもが発熱・・・(誰か代わってくれる?)。
    あるいは、子どもを寝かしつけてから夜中に持ち帰り仕事・・・など。

    なにせ、自分の予定通り、思い通りにいかないことの連続ですから。

    自分がムリをする=子どもにムリをさせる、ということでもあり、母として、一組織人
    として、迷ったり葛藤したりしながら折り合いのつけどころを探る毎日です。

    でも私は、そういうことをめいっぱい調整する価値があると思うんです。

    職場や社外で性別も年齢も目標も家庭環境も異なる人たちと一緒に仕事をして、
    ひとつのゴールを目指しながら関わり合い、多様性を知り、(もちろん軋轢も
    ありますが)受け容れ合うということは、人生を豊かにする経験だからです。

    確かに、入園当初の1ヶ月くらい、子どもは朝、保育園で引渡しの時に大泣きです。
    甘えたい時期に長時間預けられる子どもが「かわいそうだ」と言う人もいるでしょう。
    3歳までは母親の手元で育てるべきだという人もいます。

    そういう考え方も、「あり」です。

    同様に、そうでない考え方も、「あり」だと思います。

    女性の生き方が多様化するいま、それぞれを否定することなく、また、否定されて
    傷つき過ぎることもなく、自分が自信と希望をもって選んだ道を楽しむことに
    専念できるといいなと思います。

    さて、今日は今年最初のレッスンでした。

    L先生には珍しくフリートークが多く、自分の英語力の無さを思い知らされました・・・。
    (メモ:gymnastics 体操競技)

    今年もがんばりま~す。

    イングリッシュベルでカランやDMEを頑張っている方々、一緒に目標に向かって
    がんばりましょうね!

    |

    あけましておめでとうございます

    あけましておめでとうございます。

    今年は復職する年。いよいよまた仕事と育児でサバイバルな生活でしょうか。
    ワーキングマザーは確かに追い込まれることも多々ありますね。
    朝、出かけるようとしたら子どもが玄関先で「うんち!」・・・(遅刻する~)。
    客先に単独で行くアポを入れた時に子どもが発熱・・・(誰か代わってくれる?)。
    あるいは、子どもを寝かしつけてから夜中に持ち帰り仕事・・・など。

    なにせ、自分の予定通り、思い通りにいかないことの連続ですから。

    自分がムリをする=子どもにムリをさせる、ということでもあり、母として、一組織人
    として、迷ったり葛藤したりしながら折り合いのつけどころを探る毎日です。

    でも私は、そういうことをめいっぱい調整する価値があると思うんです。

    職場や社外で性別も年齢も目標も家庭環境も異なる人たちと一緒に仕事をして、
    ひとつのゴールを目指しながら関わり合い、多様性を知り、(もちろん軋轢も
    ありますが)受け容れ合うということは、人生を豊かにする経験だからです。

    確かに、入園当初の1ヶ月くらい、子どもは朝、保育園で引渡しの時に大泣きです。
    甘えたい時期に長時間預けられる子どもが「かわいそうだ」と言う人もいるでしょう。
    3歳までは母親の手元で育てるべきだという人もいます。

    そういう考え方も、「あり」です。

    同様に、そうでない考え方も、「あり」だと思います。

    女性の生き方が多様化するいま、それぞれを否定することなく、また、否定されて
    傷つき過ぎることもなく、自分が自信と希望をもって選んだ道を楽しむことに
    専念できるといいなと思います。

    |

    « 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »