« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

DME35回目 Stage4 L51-52 present perfect DMEでも柔軟に回答OK!

引き続き現在完了形が中心でした。

カランやDMEは先生の質問文に対して「オウム返し」に返答することが

基本ですが、Stage2あたりから自分なりの回答をしても全然かまわない、

むしろそれを期待されている質問文が増えてきています。

先生によっては柔軟性の幅もけっこうあります。

たとえば、「幸せな時に泣きますか?」と質問され、テキストではNoと

否定形で答える文が載っていますが、肯定文で答えると、先生が

"Tears of joy, right!?"と返してくれます(本レッスンでも復習レッスンでも、

いずれの先生もそうコメントされました)。

そのほか、「歴史的な事実の例は?」「あなたの地域でメジャーなTV局は?」

「好きなテレビドラマシリーズは?」など。「フレンズ」などと答えたら先生によっては

けっこう話が広がりそうになります・・・フリートークレッスンではないので

適当な所で引き揚げますが。

自分なりの意見や考えを伝える訓練にもなりますね。

即答しづらいものもあるので、最近は予習が必須になっています。

|

DME34回目 Stage4 L49-50 present perfect

前回から引き続き現在完了形。主に不規則変化動詞です。

出てくる動詞は簡単で、たとえばspeak, buy,to be, have, put, read, say, sit, standなど。

でも新鮮に感じたのは、それらの活用を説明する文です。

The verb forms of "_____"are, "____", "____", "____".

たとえばteachであれば、

The verb forms of "teach"are, "teach", "taught", "taught".

となります。こういう表現には初めて出会いました。

英語で英語の授業を受けられる安価なオンラインスクールが続々と

設立されるなんて、私が学生の頃にはまったく思いもよらないことでした。

留学してみたかったという夢にいまだにしがみついている私にとって

ありがたい時代になりました。

|

今年は手作りブッシュ・ド・ノエルでリラックリスマス☆

家事はキライ。中でも料理は一番の苦手。

料理なんかする時間があったら本を読みたい、たまっているビデオを見たい・・・。

食べたいと思った時にすぐに食べたいから、3食レトルトだって全然かまわない。

「趣味はお料理」と言う人や職場に手作りお菓子を差し入れる女性の気が知れない・・・。

でも、最近、食べ盛りになりつつある子どもを抱え、少しは時間もある身。

そ簡単でパパっとできるレシピを教えてもらえたら・・・私だってやる気が出るというもの。

というわけで、なんと、パルシステムの手作り料理サイトパルシステム 手作り料理

ブッシュ・ド・ノエルを作ってみました。(このサイト、敷居が低くていいわぁ。。。)

主な材料はいつも購入しているパルシステムの「酪農家の牛乳」「産直たまご(白玉)」

など身近なものです。また、我が家では全粒粉のホットケーキミックスを使いました。

ホットケーキミックスを使うからこんなに簡単に、失敗も少なくできるのでしょうね。

このレシピで気に入ったのは、ロールケーキの芯にバナナを使うこと☆

これなら子どもたちもおなかいっぱい、栄養満点、ヘルシーケーキですよね。

生クリームは規定量の3分の2くらいにしました。

S4pict0190

そして、サンタさんをトッピングして完成!

結婚して以来、毎年クリスマスには“特別な気分”を求めてホテルに宿泊していました。

でも、さすがに乳幼児が2人にもなるとバイキングですら大変@@

というわけで、今年はおうちでクリスマス料理を作ってみようと思い立ったが「吉」でした。

子ども達も食べ終わるとさっさと椅子から降りて歩き回り、遊んでいました。

誰にも気兼ねなく過ごせるわが家ならではの“リラックリスマス”でした。

|

DME33回目 Stage4 L47-49 past participle

現在完了形が出てきました。ちょっと前進した感あり、です。

このところ、料理や洗濯干しなどの家事をしながらCDを聴くようにしています。

ポータブルオーディオでいつでもどこでも身につけて、ぶつぶつと絶え間なく

オーヴァーラッピングしていると、英文が少しずつでも頭に残る気が・・・(願望)。

S4pict0234 (2年前に買ったSONYのUSBタイプのもの。とにかくコンパクトで便利。

ただ、PCから移行した音声データの順番を変えられないのが難。)

さて、CDにはブリティッシュイングリッシュの訛りがきつい男性が登場しているのですが、

それはそれで面白いです。DMEってイギリス発の教材なんですよね。

DMEテキストの表紙も英国旗だったり、ロンドンの2階建てバスやビッグベンだったり。

フィリピン系スクールでコテコテのブリティッシュイングリッシュという組み合わせも

意外な感じで、イギリス贔屓な私としては嬉しい限りです。

|

超簡単!クリスマスにローストチキン

パルシステム 手作り料理

パルシステムの手作り料理サイトでローストチキンのレシピを見ていたら、

「これ、簡単じゃない?私にもできそう!」とスイッチが入りました

料理は大の苦手の私にもできるってことが何より重要・・・さっそく作ってみました。

レシピでは冷凍肉を使っていますが、解凍済みのものを使いました。

それでもオーブンの時間を変えず、合計40分焼いて、ちょうど良いやけ具合でした。

ただ、ジャガイモ(男爵)はそれでも固かったので、あらかじめ茹でておくべきでした。

S4pict0199 つけ合わせのマッシュルームがなかったのですが、赤・黄の

パプリカとブロッコリーがあったので、彩りに添えました。

あっという間に完成!S4pict0201

お皿が小さくてチキンが埋もれてしまいましたが、とっても

おいしかったです!これなら手間要らずです♪

|

産直牛のビーフパティで自家製ハンバーガー♪

S4pict0230

パルシステムで産直牛のビーフパティを購入するのは2回目☆

前回はバンズも合わせて買いましたが、今回は手作りしました。

具材はパティの他に、キャベツ、トマト(輪切りスライス)、そしてチーズは

チェダースライス(KRAFT) Photoをはさみました。コクがあっておいしいチーズです♪

子連れではファーストフードに行ったことがなくてすっかりご無沙汰。

久々にハンバーガーでもかぶりつきたいなと思い、パティを買ってみたら

とっても簡単!両面を2分ずつ焼くだけで、あとは好きな野菜と一緒にパンにはさめば

ヘルシーで手ごろな一品ができあがります。ファーストフードより早くて安くておいしい!^^

|

DME32回目 Stage4 L46-47 1文が長くなってきた・・・

昨日ひっかかった1文はこれ↓。

-If we stand on the top of a mountain, do we usually have a fine view of the valley below?

-Yes, if we stand on the top of a mountain, do we usually have a fine view of the valley below.

3回くらい繰り返してようやく英文がカタマリで頭に入りました。

そして今日のドツボはこちら↓。

-At what age does the average student finish school in this country?

-The average student finishes school at the age of 22 in this country.

主語が"the average student"だということがすぐに把握できなかった・・・。

それからこれも↓。

-What is the average age of people starting work in this country?

-The average age of people starting work in this country is 22.

こちらも、主語が"the average age of people starting work in this country"と

長くても単純な構造だと、見れば一目瞭然ですが、聞いているときは

どの単語からどの単語までが主語で動詞は何??とグルグルしてしまい、

5回は繰り返していました。

今日はL47の途中まで。オロオロしていたせいか、あっという間の50分でした。

ところで、 『英語をモノにする7つの音読メソッド』(川本佐奈恵 著)には、

Photo_2

リピーティング・シャドウィング・オーヴァーラッピングに加え、リテンション

(英文のかたまりを聞いた後に、それを復元して言う)などの音読法が

話す力の向上に非常に有効だと書かれていました。

本書にはCDが2枚ついていて、自分のレベルチェックと、そのレベルに見合った

NHKラジオ講座(少し前のプログラムですが)のオススメがわかるようになっています。

(私は「徹底トレーニング英会話」か「入門ビジネス英会話」のレベルでした。)

また、後半はトレーニング文集になっていて、CDを使いながら勉強できるように

なっています。

DMEをやらなければ、ラジオ講座やこのような本、あるいはお気に入りの

オーディオブックなどでトレーニングするのが良いのでしょうね。

(今、NHKのリトルチャロのシナリオを暗誦したいなぁなんて思っています。)

ただ、やはりDMEのように、実際に生身の先生と向き合ってのトレーニングができる

機会は貴重だと思います。

|

子ども達も大好き 野菜たっぷりのお好み焼き♪

パルシステムで「お好み焼き粉(国内産小麦使用 山芋粉入り)」を買い、

さっそくお好み焼きを焼いてみました。

S4pict0082 子ども達が食べやすいように、小さめに作っています。

お肉はひき肉で、野菜はたっぷりです。

だしが効いていてとってもおいしい!!

かなりたくさんの野菜を入れましたが、パクパク食べてくれました。

仕上げに青海苔とけずりぶしをちらして栄養満点☆

余ったら冷凍しておこうと思ったのですが、余りませんでした(;^^)。

|

DME31回目 Stage4 L45-46 irregular verbs(3), must, have to,must not, don't have to

初めてCarmenのレッスン。

Carmenは年上の落ち着いたオバサンっぽい感じかと思っていて、

それが私には合うかも!?なんて期待してレッスンを取ってみたのですが・・・。

CarmenってスクールHPの写真より実物(?)はずっとずっとキレイ!

しかも、話し方や声になんとも言えないエレガンスと色香が漂っているので、

とても素敵過ぎて落ち着きませんでした。

レッスンはさすがベテラン、英語も流暢だし、テンポも徐々に速くなり、

充実していましたが;^^

さて、現在31時間目ですが、昨日読んだ『35歳の教科書』(藤原和博著)に、

1000本ノックではないが何でも「100」という数字をメドにがんばってみると

先が見えてくることが多いと書いてありました。

さらに、1万時間を費やすとプロになれると言われているとも。

この言葉を支えにDMEを100時間まで頑張ってみたら、今とは異なる境地に

立てるでしょうか?楽しみに走ってみようと思います。

3535歳の教科書―今から始める戦略的人生計画』

藤原和博著

幻冬舎メディアコンサルティング

|

DME30回目 Stage4 L44-45 irregular verbs(2)

2日休んで3日ぶりのレッスン。序盤は集中できていないという自覚があり、

先生の英文が頭に入ってきません。先生が2回質問文を繰り返すのですが、

1回目と2回目の間に"repeat"と言うんですね・・・この先生。それが2回目の

質問文のリズムをカクっと崩すんです。いつもはその崩しを乗り越えて

1回目のリズムを復元してみるのですが、今日はどうもうまくいかず、、

波にうまく乗れないサーファーの気分でした

復習に25分もかかったので、今日はL45の途中まで。

DMEはあと数ヶ月続くけれど、復職してしまったらもう1日50分なんて

できない;;そしたら口元の筋肉を鍛えるトレーニングをどうやっていこう・・・

毎朝何かを音読かな、、なーんてレッスン中に考えてしまい、余計に口がもつれて

しまったのでした

|

DME29回目 Stage4 L42-43 irregular verbs

やっとStage3が終わり、Stage4へ。

先生が質問を2回繰り返す時間が時々もったいなく感じますが、

1文が長くなってくると、2回でやっと聞き取れることもしばしばです。

|

DME28回目 Stage3 General Review(続)

やはりGeneral Reviewで50分を費やしました。

あと数ページ分の復習をやってから次回、Stage4です。

|

DME27回目 Stage3 General Review

案の定、なかなか終わらないGeneral Review・・・。

けっこう頑張ってみたけど(先生も頑張ってくれたと思うけど)半分も

終わっていません。次回の50分で完了なるか・・・キビシイなぁ。

でも、これがあるから定着するんだろうなとも思います。。

Stage4をチラチラ見ると、現在完了形が出てきますね。

年内にあと数日しかレッスンできないのがさみしいです。

|

DME26回目 Stage3 Exam

Stage3に入ってから10時間(20レッスン)目でテスト&総復習へ。

DMEはカランより基礎文法を重視、とイングリッシュベルのHPには書いて

ありますが、カランだともう少し文法を早く進めているのでしょうか?

スクールHPで各テキストの目次と各章のサンプル文を公表してもらえると

助かるのですが・・・。

次回は総復習(これがまた長いんだろうな~)で50分経過することでしょう。

でも、毎回のレッスン冒頭のフリートークで、今まで口に覚えさせた表現を

使い始めている自分がいます。ちょっとした、本当に簡単な表現だけど

今まではかたまりで口を突いて出てはこなかったものが出てくると、レッスンの

成果かな、と思って少し嬉しいです。がんばって続けてみよう。。。

|

DME25回目 will,shall,between

DMEのテキストの内容ってどんなもの?という疑問を持つ方もいると思うので、

時々、タイトルに文法的な項目などを入れていきますね。

今日はL39-41(途中)まででした。L41でStage3は終了です。

カランとかDMEとかいうやり方にだいぶ慣れてきた感じがします。

今日は雑音がひどくて数回接続し直しました(改善されませんでしたが)。

ところどころ、先生の文が聞き取れなかったのですが、ちょっぴり

アレンジして答えても合っていればOKにしてくれました。

こちらが"the""a""my"を言い間違えたりすると、やり直しの時に

質問文の該当箇所を強調してくれるので、ハタと自分の間違いに気づきます。

こういう細かいところを「へんだな?」と気づいて修正してもらえるのは

DMEの良さだと思います。フリートークだとサバイバルイングリッシュでも

「伝わればOK」になりがちなので。

DMEを始めるかどうしようか最初は迷いましたが、始めてみたら、かなり

気に入って楽しんでいます(^^)。趣味としてハマっている、というほうが

正しいかな。ほんと、趣味の領域・・・。

|

DME24回目 初Cynthia

初めてCynthiaのレッスン。スポーティーな感じのプロフィールだったので

テンポがかなり速いのかと期待したのですが・・・かなりSlowlyでした。

フィリピン訛りもちょっと強いかな・・・他の先生に比べると。

DMEでも随所にフリートークを織り交ぜてくるので、本当にフリートークなら

盛り上がりそうな雰囲気ではありますが。

あまりはかどらず、L39の途中まで。

内容が易しすぎるこのあたりはもう少しサクサクいきたいところです。

でも、簡単なことを繰り返しているのは悪いことばかりではなく・・・

入門ビジネス英語(NHKラジオ)のシャドウィングが前より上達!

口が動くんですね、単純な話。やっぱり英語は「筋肉」なのか!?

英語(に限らず何事も、、ですが、、)を極めたことがないので

まだよくわかりません。うーん、何かを極めてみたい。。。

|

黒豆 私にもできた!

お正月に向けて、予行練習・・・ということで、黒豆を煮てみました。

お豆を煮るのって、前の晩からひたして、何時間もコトコト煮込んで

その間お鍋から離れられなくて・・・と、どうも踏み切れずにいたのですが、

最近、お豆を食べていないな~というのと、勝間和代もお豆が体に良いと

言っていたのを思い出し、一念発起。

参照したのはパルシステムのレシピサイト。

パルシステム 手作り料理

そうしたら、できましたできました!お料理は大の苦手の私にも、

豆を煮るのはできました!ふっくらつやつやの黒豆!

砂糖は黒豆と同量の200gとありますが、甘さ控えめが好きなので

150gにしました。それでも十分甘くておいしかったです。

S4pict0147

箸で一粒一粒つまんで食べるとまめまめしくなると

昔、親から言われましたが、あまりにもおいしいので

大匙スプーンですくってバクバク食べました。

まめまめしくはなれません(苦笑)。

ちなみに、圧力鍋で煮ると、加熱時間20分、蒸らし時間20分で

できるそうです。今度やってみようと思います♪

|

産直たまご(白玉)で手作りプリン

パルシステムで毎週必ず買うのが「産直たまご(白玉)」。

一般のスーパーなどの特売に比べると、安くはありません。

でも、サイズミックスといいつつ、ほとんどがL寸ですし、割った時のプリプリ感と

つやが違います。とっても新鮮でおいしい!だから、高くても納得。

いつもは朝の目玉焼きに1日1個なのですが、時々、子ども達が大好きな

プリンを作ります。電子レンジ(National NE-KF23)に“とろけるプリン”コースが

あるので、お料理が大の苦手な私にも簡単にできるんです。S4pict0092

ただし、電子レンジのマニュアルに載っているレシピ通りではありません。

カラメルソース・・・これはお砂糖なので、(私は大好きですが)子ども達には

あまりたくさん食べさせたくありません。

そこで考えたのが、カラメルの代わりに、プリンに、フルーツグラノーラを

混ぜてプリンを作ることです。こうすると、適度な甘みと満腹感が得られます。

S4pict0089

小さな子の中にはカラメルが苦くていやという子もいると思いますが、

これならヘルシーにおいしく食べられますよ^^

|

DME23回目 past simple of regular verbs

1文がそろそろ長くなり、3つくらいの意味のまとまりが入るようになりました。

文法的には、それでも中1レベルで、規則動詞の過去形です。

口元の筋肉を鍛えるためには、このくらいからスタートするのがちょうど良いかも。

テキスト付属のCD(MP3)で質疑ともシャドウィングするのも楽しいです。

今日はL38の途中まで。

DMEの良いところは、こうして自分が少しずつ“進んでいる”という実感を

得られるところですかね~。独学だと進歩を測りづらく、くじけてしまうので。。

|

DME22回目 as___as, was, won't, ___timesなど

今日も予習が間に合わず、ぶっつけ本番になりました。

あれっあれっ!?と思って何度も引っかかった表現・・・

"in  5 minutes' time"

たとえば、こんな問答です。

-Will they be in the classroom in twenty minutes' time?

-Yes, they will be in the classroom in twenty minutes' time.

レッスン後にテキストを開いて、「はは~ん、なるほど」と思ったのですが、

レッスン中はminutes' のアポストロフィーが見えず、その後に続くtimeは

何だろう??と気になって仕方ありませんでした。

その他、今日はas___asも出てきましたが、どのフレーズを挟むか、、、

受験英語のように穴埋め式だったり読み書きでゆっくり考えながらやれば

さほど難しくないと思いますが、とっさに口を突いては出てきません。

こういう表現をためらいもよどみもなく使うフィリピンのバイリンガルってすごいな~と

またしても尊敬

今日はL37の途中まででした。

|

DME21回目 歩きながら音読がbetter

昨日はあまり進まなかった分、今日は復習がささっと終わり、

予想以上に進んでL35の途中まででした。L35は予習していなかったので、

久しぶりに新鮮な気持ちで、次にどんな質問が飛び出すのか内心ドキドキしながら

進みました。

さて、NHK語学講座でおなじみの大杉先生が以前、「やり直し英語塾」か何かで

おっしゃっていたのですが、英語はじっと座って黙読するより歩きながら音読する方が

覚えられるそうです。今回、イングリッシュベルのレッスンは、実は毎回、立ったまま

体をふらりふらり揺らしながら受けています。子どもをおんぶしながらやらざるを得ない

という実際の問題があるのですが、これが、大杉先生の言われるように本当に効果が

あるといいな、と思いながらやっています。英語のリズムを口元の筋肉だけでなく

全身にしみわたらせられるといいですね~。

現実にネイティブを目の前にすると間違いなくシドロモドロする自分がいますが・・・。

|

DME20回目 Phonetic Chart

久しぶりにChrisのレッスン。

最近、早口の先生が多かったため、非常にゆっくりな印象でした。

今日はなぜか途中でフリートークがかなり入り、さらにDictationに

Phonetic Chartの発音練習もあったので、あまり進まず、L33の途中まで。

Chrisは年齢的に近く、息子さんもいて、なんだか普通に付き合える

おばさん的な感じです。声がややハスキーでトーンがハイテンションでない

ところが、私にはやっぱり合うなぁ~と思いました(^^)。

|

DME19回目 comparatives superlatives

比較級・最上級は懐かしく中学生の頃を思い出しますが、すべて英語で

説明を読んだり聞いたりするのは新鮮。もし自分が中学1年生に戻って

英語で英語の授業を受けたら、どんな感じがするんだろう?

今、どこかの学校や英会話スクールでは小中学生にそのような授業をしているの

しょうね。うらやましい時代です。

さて、今日はL32 either___or___のあたりまででした。

自慢じゃないけど、フリートークでは全く使ったことがありません。

フリートークだといかに少ない語彙・表現を使い、「うまく伝わった感」を抱いて

いたことか・・・。

イングリッシュベルのDMEでは初歩の文法からまどろっこしいくらいの

繰り返しを続けます。毎回のレッスンで平均20分くらいかけて前回のレッスンを

ザザザーっと復習していきますから、流そうとしたって流させてくれません(^-^;

レッスンがこの先どこまで進んでも、口元の筋肉が一つ一つを忘れませんように!

(祈るより、音読音読!?)

|

車いすテニス選手の竹畠明聡さん

2009.12.6(日) 日経新聞 「患者の目」より

車いすテニス選手の竹畠さんの記事に目が釘付けになりました。

「5年生存率は20%」「余命4ヶ月」と宣告されて、食べ物も喉を通らなくなるような

思いをしてもなお、苦しい治療に挑む決心をし、希望を持ち続けている。

余命4ヶ月と言われてからまもなく1年。

諦めないことの大切さ、諦めてしまうことの怖さを学んだという。

諦めてしまうことの怖さに比べれば、諦めないことがどれだけ楽かということも。

私たちはいつも、何かを目指しても、自分の身の程をわきまえて程々の努力で

引き返してしまいがちだ。どうせ、もっとうまくできる人が五万といる。持って生まれた

才能や環境に恵まれた人が、あっちにもこっちにもいる。所詮、今から自分などが

醜い努力をしたところであそこには到達できっこないのだから、ぶざまな姿を

さらすことなくいっそあきらめてしまおうと。そして、挑戦も勝負も始めから無かった

ことにしてしまう。

しかし、竹畠さんは絶望していない。いや、絶望という言葉の意味が、私とは異なる

のかもしれない。彼は抗えない現実を一旦受け止めて、でもそこに立ちすくむのでも

そこから引き返すのでもなく、さらなる一歩を踏み出すことができる人なのだと思う。

その一歩の希望を支える力の源には、自分を信じられる力があるのだろう。

これまでも苦しいことはいくらでもあったが、ひとつひとつ壁を乗り越えてきたでは

ないか。だから今日も、進んでみよう、進めるはずなんだ、という自信が。

何事にも共通して言えるかもしれないが、何かを継続してきた人にはこのような

強さがあると思う。他人とはなく、自分と闘ってきたからこそ得られる力なのだろう。

そしてそれこそが、真の力となって肝心な時に自分を支える基盤を築くに違いない。

Never never never give up.

|

DME18回目 初Rosalie

昨日はReviewがなかった分、テキストの進みが速かったのですが、

そのReviewがあった今日は逆に、復習で30分も費やしてしまいました。

一文が少しずつ長くなってきたこともあり、今日はL30の途中まででした。

さて、今日はRosalieのレッスンを初めて受けたのですが、これまでの

どの先生よりも早口!Annabellも少し早かったけれど、比較的きれいな

アメリカンアクセントだったので聞きやすかったのかもしれません。

Rosalieの早さとフィリピンアクセントにはついていくのが難しかったです。

でも、さばさばした感じで、私よりずっと若いはずなのに自信をもって

テキパキ指導してくれたのでとても好印象でした。

また取りたいレッスンです。

|

うちの子の習慣

我が子ながらいつも感心させられるのは、玄関で靴をそろえる習慣。

1歳3ヶ月で保育園に入園して以来、身についた習慣です。

おとなの方が逆にルーズだったり、後ろ向きに足元で靴をそろえながら

脱いで上がったりして、手できちんと靴をそろえるという習慣がなおざりです。

子どもは「保育園でお友達がみんなやっているから」という理由で

当たり前のこととして習慣にしているようです。保育園サマサマです。

パルシステム

|

種ぬきプルーンで貧血知らず

パルシステムで種ぬきプルーンがいつもより安かったので、3袋まとめて

買っておきました。S4pict0087

毎朝、プレーンヨーグルトにグラノーラとプルーンを入れて食べているのですが、

夫は2粒、授乳中の私は3粒と決めています。

S4pict0086

気のせいかもしれませんが、これを2日もサボると鉄分不足になってしまうようで、

目の前を星が飛んだり、ひどいときは貧血症状で気持ちが悪くなってしまったりします。

貧血気味の人にはぜひオススメです。

|

DME17回目 Stage3 オンラインスクールのありがたさ

今日からStage3、DMEテキスト2冊目に入りました。

今回も、レッスン前に昼寝し始めた子どもがレッスン中に目を覚ましたので、

レッスンを中断しておんぶをしてから再開しました。

こんな時、オンラインスクールの便利さ、ありがたさが身にしみます。

小さな子どもを抱えていると、日時を固定して定期的に英会話学校に出かけるのは

非常に難しいです。でも、オンラインスクールなら、その日その時の子どもの

状態を見ながらレッスンを予約できて、子どもをおんぶしたり、時には授乳したり

しながらレッスンを受けられて、もちろんビデオをオンにしていないから化粧も

オシャレも必要なし。おまけに30分数百円でマンツーマンという手頃さ。

本当に良い時代になったものだと感じます。

さて、今日はL29の途中まででした。

レッスン前に20分ほどテキストを予習して音読しました。

レッスンと合わせて1時間余り英語を声に出していることになります。

このくらいすると、頬骨とあごの辺りが疲れて痛くなり、舌も硬直した感じになります。

そしてその後、NHKラジオ英会話のスキットをシャドーウィングするととても

滑らかについていくことができるのです。

独学で英語通訳にまでなったカリスマ主婦・川本佐奈恵さんの著書『日常英会話

<Sanae式>上達法』『NHKの英語講座をフル活用した簡単上達法』にも、NHKの

ラジオ講座でシャドーウィングやオーヴァーラッピングすることの有効性が書かれて

います。川本さんは家事・育児の合間の5分でさえ、スキットを1回でも音読する

すき間時間に変えるのだそうです。ぜひ真似したいです。

|

DME16回目 Stage2 General Review

General Review終了。明日からやっとStage3です。

50分間集中して問答するのは、こちらも疲れるけれど、先生は

もっと疲れるでしょうね。でも、先生方は本当に真面目。

若いのにしっかりしているなぁと、いつも感心させられます。

|

DME15回目 初Annabelle

人気の高いAnnabelleのレッスンでした。

たまたま空きがあったので取ることができ、人気の秘密は・・・と興味津々でした。

私の印象では、それはアメリカンアクセントが似合う少し高めの声と明るいリアクション。

こういう先生とフリートークをしたら楽しいだろうなと思いました。

元気をもらえる先生であることには間違いないですが、

ただ、私はDMEクラスということもあり、もう少しテンション低いほうが好みかも・・・

なんてことを考えながらレッスンしていて、いまいち集中できませんでした。

ExamとReviewの途中まででした。

|

DME14回目 休み明けぼんやり

タッチの差でStage2が終わらず・・・。

2日間の休み明けとういだけでこんなに口が(というより頭が!?)回らないとは、

自分でも驚きでした。スクールが休みでも、自分は休んじゃいけないんです、きっと

それに、薄々感じているのは、ちょうど25分でDMEテキストの1レッスンが終わるくらいの

文章量にしてあるのでは?先生と同じくらいのスピードで話せたとしても、先生によっては

念のためリピートさせますし、たいてい1箇所くらい詰まって当然のようにリピートに

なるので、そんな気がしています。問答を繰り返せば1回あたり10数秒かかりますものね。

(Stageが上がると1レッスンも進めなくなるのでしょうか?)

テキストを購入して、1日2コマを週5回こなして数ヶ月以上かかってゴールしなくては

いけない仕組みというのは、なかなかよくできたビジネスモデルかと・・・。

「だから手を出さない」と考える人も多いかもしれませんが、そこを敢えて、

“何事も半年も続かない”私はチャレンジします。。

カランの場合ですが、イングリッシュベルでは、「約8ヶ月でケンブリッジ英検の

ファーストサーティフィケイトレベル」に到達するとしています。

私の場合、結果測定はTOEICにする予定ですが、相当レベル(850!?)に近づけるか

検証・・・いえいえ、挑戦してみます。

でもなぁ、、、DMEはStage12ですら文法も単語も易しいから、TOEICを考えると

だいぶハードル高いですよねぇ。もう少し難しい言い回しやビジネス用語をと思うと

遅々として捗らない今日この頃です。

|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »