« 車いすテニス選手の竹畠明聡さん | トップページ | DME20回目 Phonetic Chart »

DME19回目 comparatives superlatives

比較級・最上級は懐かしく中学生の頃を思い出しますが、すべて英語で

説明を読んだり聞いたりするのは新鮮。もし自分が中学1年生に戻って

英語で英語の授業を受けたら、どんな感じがするんだろう?

今、どこかの学校や英会話スクールでは小中学生にそのような授業をしているの

しょうね。うらやましい時代です。

さて、今日はL32 either___or___のあたりまででした。

自慢じゃないけど、フリートークでは全く使ったことがありません。

フリートークだといかに少ない語彙・表現を使い、「うまく伝わった感」を抱いて

いたことか・・・。

イングリッシュベルのDMEでは初歩の文法からまどろっこしいくらいの

繰り返しを続けます。毎回のレッスンで平均20分くらいかけて前回のレッスンを

ザザザーっと復習していきますから、流そうとしたって流させてくれません(^-^;

レッスンがこの先どこまで進んでも、口元の筋肉が一つ一つを忘れませんように!

(祈るより、音読音読!?)

|

« 車いすテニス選手の竹畠明聡さん | トップページ | DME20回目 Phonetic Chart »

Stage3の記録」カテゴリの記事