« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

渡辺謙さんの言葉

2009.10.28(水)日経夕刊
渡辺謙さんのインタビュー記事
以下、抜粋です。
(主人公は)おろおろ悩み、苦しんだ。だけどその苦しみから目をそらさなかったから、最後にアフリカと出合って、苦しみに静かに寄り添えたんだ。

やってもやっても仕事が評価されなかったり、何であの役があいつに行くんだと悔しい思いをしたり。若いときは理不尽なことばかりだった。でも、こんな仕事無駄だと思ったことが、今振り返ると思わぬ鉱脈につながっていた。だから若い人には歯を食いしばって、まず一つところを掘ってみろと言いたい。きちんと仕事をしたら必ず自分に戻ってくる。僕も最近やっとそう思えるようになった。

以上、抜粋でした。

謙さんのインタビュー記事をじっくり読めたのは初めてでした。
ハッとさせられました。謙さんでもこんなふうに敗北感というか挫折感のような気持ちを味わったり、自分の成功を思いがけない幸運と捉えたりするんですね。

私も職場で、「なんでこんな雑用ばかり押し付けられるの?」といやいややっていた仕事もありました。でも、こんな仕事って思っている時に限って、素晴らしい上司や同僚やお客様に出会えたりするんですよね。これ、私の中で法則化しつつあります。

|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »